2007年03月23日

旅心

月を見ていた。
月明かりに浮かぶ、山並みを見ていた。
湖に浮かぶ月が、波に揺れていた。
俺の傍らでは、オートバイが静かに時を待っている。

ふとした瞬間に、に出たくなる。
オートバイにキャンプ道具を積んで
何事にも囚われず、心を解き放して・・・。

若い頃は、それが出来た。
思った時には、もうオートバイに荷物を積んでいた。
あてもなく、心のままにハンドルをきっていた。

結婚して子供が出来て
少し護りに入ってきたか!?
Kawasaki900からハーレーに乗り換えたのも、その1ツ。
攻めの姿勢が、1ツ削がれた。
歳をとるとは、こんなものか・・・。

若い頃にしか出来ないことがある。
振り返り、それを語れるほどの過去があるわけでもなく
あてに出来る未来があるわけでもない。
そんな時だからこそしか、出来ないことがある。

あと10年もすれば
俺の息子も、そんな年頃だ。
”訳もなく心が叫び、訳もなく心が痛む”
そんな年頃だ。

そんな時は、をすすめよう。一人旅を。
その時、何があっても困らないよう
短いだが、今は俺が連れまわそう。
そして、俺の知っている事を全て教えよう。

俺のは変わったのだ。
あてのない、長い一人旅は出来ないが
短いが、息子と一緒の二人旅へと・・・。



posted by 浮雲 at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

体感温度

いつものように、横横を走る。
オイルを変えたばかりのVツイン
気持ち良さそうに鼓動を奏でる。

しばらく走ると、2台のBMW。
どうやら、カップルのようだ。
後ろを走るBMWのヘルメットから出た長い髪が
風にたなびいていた。

危なっかしさは微塵も感じない。
乗り慣れているのだろう。

久しぶりに女性ライダーを見て、カッコいいと思った。


朝のTVの天気予報では、今日の気温は10度。
薄曇りの中、わずかな日差しには
暖かさは感じない。
しかし、寒さも感じない。

気温が12,3度あっても寒いと感じる時もあれば
気温が10度をきっても、寒さを感じない時がある。

気温と体感温度の違い。
オートバイなら、なおさらだ。

その時の体調や気分でも違うのだろうが
今日は、とにかく寒くない。
海岸線では、少し暖かいとさえ感じた。

明日は雨か雪だと、TVの中で天気予報士が言っていた。
3月だというのに、雪・・・。
変な感じだ。


もうすぐ桜の季節。
オートバイで走る、桜のトンネル。
そんな光景を思い浮かべながら、車の脇をすり抜けた。




posted by 浮雲 at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ・日帰りツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月05日

オイル交換

オイルを変えた。
ハーレーオイル
プライマリー・ミッション・エンジンの3ツ。
点検も含めて、ショップで行うと
35000円ほどになる。
馬鹿にならない値段。。。

”自分でオイル交換を”と思うのだが
あの振動と、信頼性にはちょっと欠けるアメリカブランド。
各部の締め付けや、電気系統には不安が残る。
そんなこんなでショップ任せ。

エンジンとプライマリーケースの継ぎ目にオイルの浸み。
直そうと思ったら、エンジンを降ろさなければならない。
工賃だけで、数万円が飛ぶ。

まあ、ボタボタと垂れているわけではないから
気にしない事にする。

ちょっとしたオイルの浸みを気にしていたんじゃ
ハーレーには乗れない。
日本車の感覚で乗っていたのでは
気にし始めたら限がない。

さて、オイルも変えたし点検も済ませた。
次の休みは何処へ行こうか!?
考えるだけでも楽しくなる。




posted by 浮雲 at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ・オートバイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月01日

1番の季節

”夏は暑くて、冬は寒い。
 雨が降れば濡れるし、転べば怪我をする。”
これがオートバイだ。

良いことがないように聞こえるが
本物のオートバイ乗りは、これが良いのだ。

そして
オートバイに乗るのに最高の季節がやってくる。
少し暖かくなった、3月頃から
梅雨は始まるまでの期間。
夏が終わった9月から
寒さが身にしみる前までの10月いっぱい。

まあ、これは人それぞれだと思うが
俺は、この季節が1番好きだ。

日帰りツーリングに、キャンプツーリング
独りで出かけるのも良いし
息子や嫁さんを乗せて走るのも悪くない。

少し寒い日は、日差しを求めて海岸線へ
暑い時には、涼を求めて山や河へ。

オートバイのオイルを変えて
1番の季節へ走り出そう!!




posted by 浮雲 at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

ライダースジャケット

先日、捕まって以来の日帰りツーリング。
飽きもせず、同じコースを走る。

寒い時期は、必ずライダースジャケットを着ている。
RSAレザーズRR−93
日に焼けて、色も褪せてきているが
身体に馴染んだお気に入りだ。

しかし
今日はSchottショットライダースジャケット641
普段は街着にしている物だ。
たまにオートバイでも使用するが
ほとんどが街着。

久々のSchottショットライダースジャケット
手首からスースー風が入ってきて寒い。
下に着込んだ長袖を引き出し、吹き込む風から手首を守る。

日本製のライダースジャケットに比べると
作りも荒く、気配りがない。
しかし、キッチリしていない分
ラフに着るには最適だ。

三浦半島から葉山へ、そして江ノ島。
缶コーヒーで一服して、茅ヶ崎。
海に別れを告げて、寒川へ。

もう少し暖かくなったら
またSchottショットライダースジャケット
ツーリングに出ようと思った。




posted by 浮雲 at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ・日帰りツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月15日

ショック!!

今年、初めての日帰りツーリング。

この時期の俺の定番、三浦半島方面。

”いや〜、久々に気持ちいいな〜!!”
なんて、横須賀方面へ横浜横須賀道路
通称、横横を走っていた。

左車線は、そこそこ車が走っているのに
右車線はがら空き。

まあ、これ位なら大丈夫だろうと
調子ぶっこいて120キロくらいで
右車線を走り続けた。

”お〜快適快適・・・ん?
 でも何で皆、左車線なの!?”
と思い、ミラーを見ると・・・

・・・・・・・

いた、いた。
白いクラウン、屋根には赤色燈。

ヤベェ〜〜〜!!!!

即、左車線に戻るも
時すでに遅し・・・。

”ここ、制限速度何キロだっけ?
 あれ?もしかして一発免停?
 逃げちゃおっかなぁ〜・・・。
 でも、昔とは違うし・・・
 ハーレーじゃなぁ〜。。。”
なんて、思っているうちに
覆面に誘導されながら停車。

歩み寄る警察官。

警)「何キロ出してた!?」
私)「えっ?90キロくらい?」(嘘)
警)「120出てたよ!!」
私)「あれれっ?全然気づかなかった!!」(嘘)
警)「それに、右車線を走り過ぎ。分かるよね!!」
私)「はい・・・」(ショボショボ)
警)「通行帯違反、減点1罰金6000円で切符切るから。」

とまあ
こんな感じでスピード違反は免れたが・・・。

長年オートバイに乗って
普段はバックミラーを確認しながらスピード出すのに
今日に限って何で!?

追尾で捕まるなんて、みっともねぇ〜!!
情けねぇ〜の!!


天気も良く、気持ちは良かったけど
1日中、気分の晴れないツーリングだった。。。

posted by 浮雲 at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ・日帰りツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月14日

風の歌を聴きながら  第四話

           1

 
新幹線の発車時刻には、まだ、ほんの少し時間があった。
彼はホームで彼女の荷物を持ち、ただ黙っていた。
何を話したらいいのか、わからなかった。

彼女も同じだった。ただ黙って、彼の傍らに立っていた。

発車の時刻を報せるアナウンスがはいると、彼女は言った。
「じゃあ、行くね」
精一杯の笑顔をつくった。
その笑顔に応えるように、彼もまた、笑顔を見せ頷いた。


           2


内田大は、何度もその手紙を読みかえした。

〈お久しぶりです。お元気ですか。
この手紙は、あなたのもとへ届くのでしょうか。
あなたは、あの街に今も暮らしているのですか。
どうしているのでしょうか。

どうしても、あなたに報せたい事があり
この手紙を書いています。
あなたのもとへ、この手紙が届くことを願いながら。

今もライブハウスで歌っていますか。
あなたは
自分の作った歌をいつも一番に聴かせてくれましたね。
私は、あなたの歌が大好きでした。
時々、あなたの歌を口ずさんでいる自分がいます。
もう、何年も経つのにね。

オートバイには乗っていますか。
いつも一人で出かけて、いつも私は独りぼっち。
平気な顔はしていたけれど、本当は寂しかった。
でも時々、後ろに乗せてくれましたね。
あのときの風の感覚、今も思い出します。

私が田舎に帰って間もない頃、何度か電話をくれましたね。
何を言っていいのかわからず、あまり話ができなくて…
それきりになってしまって。ごめんなさい。

先日、部屋の片付けをしました。
アルバムの中に、あなたの笑顔を見つけました。
どの写真を見ても、あなたの隣で私も笑っていました。

そして〈あなたに報せなければ〉と思ったのです。

結婚します。

だから、この何枚かの写真を私は捨てます。許してください。
あなたとの思い出は、形としてでなく
私の心の中だけに残しておこうと思います。

あなたとすごした街に
私の親戚が居るのは知っていましたよね。
結婚してしまうと、なかなか表に出ることが出来なくなるので
結婚前に一度遊びに行くことになりました。

あの街を歩けば、きっと、あなたのことを思い出すのでしょうね。

あなたが、まだ、あの街で暮らしているのなら
偶然どこかで逢えるかもしれませんね。
もし逢えたなら
その時は「おめでとう。幸福になれよ」と言ってくださいね。

では、いつまでもお元気で。   さようなら。〉

佐藤百合からの手紙だった。


           3


互いに、嫌いになって別れた訳ではなかった。

大は、プロになれることを信じて音楽をやり続けていた。
百合は、平凡でもいい、普通の幸福を望んだ。

そんな暮らしの中で、百合は疲れ、傷ついた。
それでも、大は音楽をやめようとはしなかった。
そして百合は、決心した。

「私、田舎に帰ろうと思う。」
大は、いつかこんな日が来るとは思っていた。
引き止めることも出来ずに、ただ
「そうか」
それしか言うことが出来なかった。

そしてその年の夏、見送ってくれた大をホームに残し
百合は新幹線に乗り込んだ。

その時、若い二人には〈これで終わった〉とは思えなかった。
距離というものが、時間という空白が
何かを変えてしまうということを知るまでは。


           4


東京へ向かう新幹線に揺られ、百合は一人思っていた。
〈彼は、私にすぐに気付くだろうか。
四年の歳月の中で、私は変わっただろうか。
彼は、変わっただろうか〉。

改札を出ると、大の笑顔があった。
あの頃と何も変わらない、子供のような笑顔だった。
そして何よりも、すぐに百合に気付いた大が嬉しかった。

二人は、駅ビルの中のコーヒーショップに入った。
大はコーヒーを、百合はミルクティーを注文した。

「電話、ありがとう」
大は、百合の言葉に笑顔で応えた。
「でも、驚いた」
大は、笑顔のまま頷き言った。
「逢いたくなった。手紙を読んだら、どうしても逢いたくなった」
「うん」
「結婚すると知ったら、百合を誰かに取られたような気がした」
大はそう言うと、自分自身に呆れたように続けた。
「百合は俺のものでも、誰のものでもないのにな。
それに、別れた男が思うようなことじゃない」
百合は悪戯に、でも優しく微笑んで言った。
「惜しくなった?」
大は笑い、うつむいた。

「歌は唄っているの?」
「ああ、唄ってるよ。なんの進歩もないけどな」
「そう」
「オートバイにも乗ってる」
「風の歌を聴きながら?」
「えっ?」
「あなた、いつも言ってたでしょ。
風はいつも歌を唄ってる。ただ、普段は聞こえないんだ。
でもね、オートバイに乗るとそれが聞こえる。
だから俺はオートバイに乗るんだって」
「そんなキザなこと言ったかなぁ」
「言ったわ」
「そうか」
「そうよ。でも、何度かオートバイに乗せてくれたでしょ。
あの時、わかったような気がした」
「風の歌が聴こえた?」
「ん〜」
百合は微笑み、首を傾げた。
大は笑った。

「今も聴こえる?風の歌」
「ああ」
「良かった」
「何が?」
「風の歌が聴こえるなんていう人、そうはいないでしょ。
でも、あなたには今も聴こえる。あの頃と変わらずに」
「そうだな。俺は何も変わってない。
少しは大人になんなきゃいけないのに
あいも変わらずガキのままだ」
百合は微笑んで首を振った。
「それがあなたのいい所…
私は逃げ出しちゃったけれど…ごめんね。でも・・・」
百合は、真顔に戻ると続けた。
「すぐに迎えに来てくれると思ってた。
帰って間もない頃、何度か電話をくれたでしょ。
いつも、期待してた。
いつ言ってくれるのかな、いつ言ってくれるのかなって
いつも思ってた。でも結局、言ってくれなかったね」
大はうつむき、自分を責めた。
一緒にいた時ばかりじゃなく
離れてまでも彼女を傷つけていたのかと思った。

「やめちまえよ」
思わず、口に出てしまった。
「えっ?」
「結婚。…やめちまえよ」
百合は哀しげに微笑み、うつむき、首を振った。
「もう遅いよ」
そんなことは、大にもわかっていた。無理は承知だった。
「俺がいるだろ」
何故そんなことを言うのか、自分でもわからなかった。
〈やっぱり俺は、ガキのままだ〉と思った。
「もっと早く聞きたかった」
二人はそれきり、しばらく黙っていた。

「いつ帰るの?」
「あした。今日親戚の家に一泊して、あした帰る」
「そうか」
大は、少し考えてから続けた。
「送らせてくれないかな、最後にもう一度。
あの夏の日、俺は最後だとは思えなかった。
また逢えると思った。そして実際、こうして逢えた。
でも、もう逢えないだろ。だから」
百合はただ、頷いた。


           5


四年前と同じだった。
ただ違うのは、これで最後だということだけだった。

大から荷物を受け取ると、百合は大に背を向け歩き始めた。

四年前とは違っていた。
四年前は、涙なんか出てこなかった。
また逢えると思っていた。
〈本当に、さよならなんだ〉と思った。
〈もう二度と逢うこともないんだ〉と思った。
涙が溢れた。振り向くことができなかった。
〈さよならも言ってないのに〉と思った。
でも、涙は見せたくなかった。

百合は新幹線に乗り込むと、デッキで涙を拭いた。
そして指定された番号へ行き、席についた。
窓の向こうで、大が佇んでいた。
ただじっと、百合を見つめていた。
百合は、大の顔を見ることができなかった。
顔を見れば、今度は泣き出してしまうだろう。

ドアが閉まり新幹線が動き出すと
窓を叩く音に百合は顔をあげた。

大が微笑んで、何かを言っていた。
声は聞こえないが、口の動きで理解できた。
百合はその言葉に微笑み何度も頷いた。
もう、涙をとめることはできなかった。

新幹線の中で、百合は泣き続けた。
そして心の中で、何度も「ありがとう」と呟いた。
大の最後の言葉に。

おめでとう、幸福になれよ

posted by 浮雲 at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ・短編小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月30日

もうそろそろ

いつも走っている道志道。
山中湖へ抜ける道。

空気は冷たく、風が痛い。

”そろそろだな”
俺は思った。

冬場は道路が凍結して
オートバイで走るには危険だ。

富士山は雪化粧をほどこし
澄んだ空気の中でそびえ立つ。

これからの季節が、1番美しいのだろう。
ここから見ると
とてもゴミだらけの山には思えない。

世界遺産になれなかった
日本一高く、美しい山・・・・。

何故か
いつも感動を与えてくれる山・・・。


ビッグツインの重たい排気音を響かせ
冷たい風を感じながら

春になるまで
もう走る事のないであろう
山の空気を思い切り吸い込んだ。
posted by 浮雲 at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ・日帰りツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月11日

帰ろう!!

11月8日
国道246を厚木方面に向かって走りながら
今日のコースを思案する。

ウインカーを右に左に、車をパスしながら走る。
信号待ちの車の列は、綱渡りで先頭へ。

”横浜町田インターから、高速で御殿場へ
 そして、富士山周辺を走ろう!!”
そう思いついた。

しばらく走ると、交通情報の電光掲示板。
東名高速、厚木方面事故渋滞。

オートバイに、渋滞はあまり関係ないが
それでも、すり抜けには気を使って疲れる。

コース変更。
246で海老名まで、寒川を抜け海岸線へ出る。
途中、右手に見えた雪をかぶる富士山が綺麗だった。

江ノ島で休憩。
缶コーヒーを飲みながらタバコを吸う。

三浦半島まで一気に走り
風力発電のでかいプロペラを右手にやり過ごし
少し先の海岸線にオートバイを停める。

タバコに火をつけ、地べたに腰を下ろす。
アスファルトと太陽が暖かい。

ふと、このままどこかへ行きたいと思う。
息子の顔が浮かぶ。
「帰ろう!!」

俺は、エンジンに火をいれ
家に向かってクラッチをつないだ。

posted by 浮雲 at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ・日帰りツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月01日

秋晴れツーリング

10月31日
最近忙しく、オートバイに乗っていない。
ほんの少しの雲はあるが
今日は、ツーリング日和といっていいだろう。

走り出すと、秋の空気の冷たさを感じる。
それでも、明日で11月だという事を考えると暖かい。

山中湖へ向かう途中の道志道。
やはり山道に入ると寒いくらいだ。

多くのオートバイとすれ違う。
暑い夏よりも、今の時期の方が
皆、気持ち良さそうだ。

山中湖から御殿場へ抜ける道を途中で右折。
サファリパークへの看板が出ている道だ。
自衛隊の基地を両脇に見て
1本に延びる道を走る。
遅い車を何台かパスし、ワインディングヘ。
ホイールベースの長いハーレーでも、そこそこ走れる。

途中の、売店のある駐車場で一服。
見知らぬおじさんに話しかけられる。
おじさんは、原付に乗り山へ行き
どこかに原付を置いては2,3時間のハイキングをするのだそうだ。
健康に良さそう!!
30分ほどで開放される。
その間、しきりに俺のオートバイを
「いいな、いいな」と言っていた。

有料道路に入ってサファリパーク方面へ。
サファリパーク手前の信号を左折。
このあたりの道は気持ちが良い!!

御殿場へ向かう途中の、すすきに囲まれた道。
何も考えず、ただ風を感じる。

御殿場からは高速で帰る。

ほんの5,6時間の、秋の日帰りツーリング。
でも、これだけで気分は変わる。

オートバイに「ありがとう!!」

posted by 浮雲 at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ・日帰りツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。