2009年11月09日

お経

もう10年以上前の話だ。
友人と二人、行き先は決めずに走る
キャンプツーリングへ行った時の事だ。

季節は10月。
ツーリングの何日目だかは忘れたが
寝床を探し、やっと見つけたキャンプ場
受付で聞くと、何と一泊3000円。
『高すぎる!』 と、友人と話し
別の場所を探す事にした。

山道へ入り、迷うように走っているうちに
地図を見ても、何処にいるのか分からない状態になった。

大きな道を見つけ走っていると
今度は、見覚えのある風景。
1時間〜2時間かけて山を回り
同じキャンプ場のある場所へ戻ってしまったのだ。

『仕方が無い!時間も遅いし、高い金払うか!』 と
友人と、そのキャンプ場にテントを張る事にした。

夕食を済ませ、焚き火にあたりながら酒を飲み
男同士の、くだらない話が盛り上がっていると
『キャ〜〜〜』 と、女の悲鳴に聞こえる鹿の鳴き声。
昼と夜の温度差で、木が ”パキッ!パキッ!” と鳴る。
キャンプも慣れてくると、多少の物音には動じない。

『シッ!』
人差し指を立て、口元に当てて
俺は友人に向けた。
耳を澄ますと、遠くから微かに何かが聞こえる。
”ポクッ!ポクッ!ポクッ!ポクッ!・・・”
木魚?・・・
そして、節のある男の声。
お経?・・・
テントサイトには二人だけ。
俺達は、全ての動きが止まり
ただ、音と声のする方向を見つめた。

森の奥、小さな光の点。
その点が、木魚とお経と共に近づいてくる。
視線を外せない。
少しずつ、少しずつ、確実に近づいてくる。

『こっちに来るぞ!』 声は出ない。
もうすぐそこに、何かがいる!
森の中、木を2・3本隔てて
こっちを見ている。
耳元で聞こえるような木魚とお経。
俺達と何かとの睨み合い。
”負けたら駄目だ!” 何となく感じる意思。

やがて、少しずつ遠ざかっていく光と音。
どの位の時間だろう・・・。
光と音が完全に消えるまで
友人と二人、ただじっとそれを見ていた。



ランキング参加中です。
ポチッと宜しくお願いします。
人気blogランキングへ




2008年02月28日

ヒソヒソ話し

あれは、数日間の夏休みが取れ
大阪に住む友人宅へ遊びに行った帰りのことだった。

前の晩、久しぶりに会った友人と酒を飲み
起きるのが遅く、友人と別れたのは午後2時を回っていた。

オートバイを走らせながら、東京までの道程を思案しつつ
気ままな気分で一般道を走った。
地図は見ずに、ただ東京方面だけを目指し
途中、何処かで睡眠をとってノンビリと帰ろうと考えた。

しばらく走ると、雲行きが怪しくなり
山道に入った辺りで、雨が降り出した。
”早いとこ、この山を越えてしまおう”そう思い
オートバイを走らせた。
しかし、行けども行けども山道は続き
ヘッドライトに照らされた空間以外は闇に包まれた。

雨足は強まり、寒さを感じ始めた時
自動販売機と閉まってしまった売店を見つけ
その売店の軒下で雨宿りをした。

しばらく休み、時計を見ると
午後10時過ぎ頃だったか・・・。
”ここに居ても仕方がない”
走れるところまで走ろうとオートバイに跨った。

しばらく走ると、小さな集落があり
ぽつりぽつりと民家があった。
その少し離れた上り坂の途中に公園があり
公園の中には東屋とベンチがあった。
雨は止みかけていたが、俺はそのベンチで一眠りする事にした。

公園にオートバイを入れ、ベンチに横になった。
道路と反対側は壁になっており、その壁は
上り坂の先で交わっていた。

寝袋に包まり目を閉じていると
ケタケタと笑う声が遠くに聞こえた。
子供が数人で遊んでいるのか、今度は
コソコソと何かを相談している。
そしてまた、ケタケタと笑う。

俺は、ハッとして目を開けた。
時計を見ると午前1時過ぎ。
こんな時間に子供が遊んでいるわけがない。
近くの民家から聞こえてくるのか・・・。

俺は飛び起き、坂を下り
一番近くにあった民家に耳を澄ませた。
電気は消えている・・・。何も聞こえない・・・。
不思議に思いながら公園に戻り
今度は、坂を歩いて上ってみた。

坂を上っていくと公園から伸びる壁も低くなっていき
やがて坂道とぶつかった。
俺の目の前には大きな門があり、その向こうには
広い校庭が広がっていた。
門の脇には【〜〜小学校】の大きな表札。
坂の上から公園を見下ろすと、あの東屋は
ちょうど校舎の真下にあった。

俺は慌てて東屋に戻った。
オートバイに寝袋をくくり付け、走り出すまで
悪戯な視線を感じていた。





2006年07月22日

あの日の出来事

あれは、もう何年前になるのか。

あの日は、友人と2人のキャンプツーリング4日目だった。

10月の信州では季節はずれなのか
夕方、友人が見つけたキャンプ場は営業していなかった。

俺が駐車場で待っていると
友人は、何故かそこにあった観光案内のパンフレットで
キャンプ場を見つけ、電話をして了解を得たと言う。
パンフレットには地図はなく、電話で場所を聞いたらしい。

1本の山道を上っていくと、水の干上がりかけたダムが見えた。

途中、道が2本に別れ、俺たちは左に行く事にした。

行けども行けども何もない。
俺たちは間違えたのだと思い
引き返し、さっきの別れ道を逆に走った。

しばらく行くとガードレールが道をふさぎ
車両通行止めのようになっていた。
「この先にあるのかな?」
「そうかもしれない」
まだ明るいこともあり
俺たちは、そこにオートバイを停め
歩いて見に行ってみることにした。

俺はタバコに火をつけ、友人と歩き始めた。

10メートル程歩くと、山小屋みたいなものがあり
「白い着物を着た婆さんが出てきたりして」
などと、馬鹿なことを言っていた。

そこから10メートル程歩いた時、俺は口にした。
「なあ、線香臭くねぇか?」
「タバコだろ!」
確かに、こんな山の中で線香の匂いはおかしい。
気にはなったが歩き続けた。

そこから、また10メートル程
「やっぱり線香の匂いだよ!」
今度は、友人も黙って頷いた。
「やばくねぇか!?」
「戻ろう」
俺たちは走り出した。
距離にして、約30メートル。
走ったら何秒だろう。
それなのに、さっきまで明るかったのに
オートバイに着いた時
鍵穴が分からないくらい、真っ暗になっていた。

焦れば焦るほど、キーが鍵穴に入らない。
やっとのおもいでエンジンをかけ、走り出した。

ヘッドライトに照らされて、友人が前を走っている。
バックミラーには、ただ暗闇だけが映っている。
俺はアクセルをあおった。  
その時、テールランプが赤く光った。
ブレーキ!!「何やってんだよ!早く行け!!」
俺は怒鳴った。

そして、俺たちは
来た道を、ただただひたすらに走った。

山を下りて、オートバイを停めた。
ヘルメットを取り、俺は友人に尋ねた。
「何であんな所でブレーキなんだよ?」
友人が言うには、オートバイなら入れそうな
獣道のようなものがあったらしい。
そして、友人は行ってみようかと思ったらしい。
俺は友人に言った。
「お前、誘われてたんだな・・・」


今でも不思議に思っている。
山は 今明るくても すぐに暗くなる
それは知っている。
でも、あんな数秒で真っ暗になるものなのか。
俺には経験がない。
そして、あの状況で
何故、友人は獣道に入ろうとしたのか。

最後に1ツ。
山を下りて、オートバイを停め
ヘルメットを取った時、友人はすぐに携帯電話を見ていた。
山が急激に暗くなっていく中
オートバイまで走っていた時、携帯が鳴ったらしい。
でも・・・着信履歴はなかった。


オートバイで旅をしていると
不思議な体験をすることがある。
また今度、別の話を・・・。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。