2008年04月07日

息子と海まで、日帰りタンデムツーリング

息子、春休み最後の土曜日。
いよいよ、タンデム補助ベルト”タンデムG”を試す時が来た。

ツーリングに行くには、絶好の快晴。
ハーレーのシートに跨り
早速"タンデムG"で息子と俺の身体を繋ぐ。

まず感じるのは、その密着感。
ベルト一本の時には感じる事のなかった一体感がある。
走り出すと、加減速時のベルトが引っ張られるような違和感もなく
身体全体を包み込むベルトのお蔭で
すぐに”これは良い!!”と感じる事ができた。
もし、途中で息子が寝てしまうような事があっても
これなら落とす心配もなさそうだ。

さて、渋滞に巻き込まれる事もなく
横浜横須賀道路を走る。
いくら"タンデムG"に安心感があるとはいえ
ここは慎重に80〜100キロで走行。

横須賀のSAで休憩する。
駐輪場にオートバイを停めると
何処かのおばちゃんに、息子が話しかけられていた。
「オートバイで来たの!?カッコいいね!!」
息子は恥ずかしそうに、ニヤニヤしていたが
満更でもなさそうだった。

缶コーヒーとジュースで話をすると
息子にとっても"タンデムG"は快適らしい。
「これなら寝ても大丈夫かもね!!」だって・・・。

30分ほど休憩して出発。
しばらく走ると、息子待望の海。
海岸線を走り、たたら浜の駐車場へ。
普段は平日しか来ないので無料で停められるが
土日は料金を取られる。
幾ら取られるかと思ったが
オートバイ・120円と、まあ良心的な値段。
息子と海岸へ降りる。
ここの海岸は狭い砂浜だが
いつ来ても、透き通った海が綺麗だ。
息子は靴を濡らしながら楽しそうに波と遊び
貝殻を拾った。

次に目指すは、風力発電のデカイ風車。
海岸線を走り、街を抜け、再び海岸線へ。
小さな漁村を幾つか抜け、宮川公園。
この公園に2基の風車がある。
初めて見る、その風車に
「本当にデカイッ!!!!」 と息子。
公園でしばらく遊び、再び出発。

本日最後の海岸へと、長浜海岸へ行く。
海そのものは、決して綺麗とはいえないが
程よく続く砂浜が何となく好きな海岸だ。
ここでも息子は靴を濡らし
しばらく波と遊んでいた。

後は無事に家へ帰る事を考える。
横浜横須賀道路をちょっと飛ばし気味に走り
家を目指す。
一般道に出ると、信号で止るたびに
息子は伸びをする。
そろそろ限界か・・・。
それでも1度も寝ることなく
無事にタンデムツーリングを終える事が出来た。

さて、この"タンデムG"。

これさえあれば、息子と何処へでも
何処までも走れそうな気がする。





posted by 浮雲 at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ・日帰りツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月04日

タンデムG

「今度、海まで走ろう!!」
息子と約束してから、1年近くが経つ。
4月から小学2年生になる春休み最後の土曜日
その約束を守る事にした。

オートバイには2歳の時から何度も乗せ
今では毎年夏休み、キャンプツーリングにも行く。
しかし、キャンプツーリングとは云っても近場でのキャンプ。
1日の走行距離は、どんなに走っても80キロ程だ。

これが海まで、日帰りともなると
走行距離は150キロ〜200キロ。
一気に倍の距離を走る事になる。

こうなると、やはり不安が残る。

いつものようにベルト一本で身体を繋ぐだけで大丈夫か・・・。
そんな事を考えながらネットを見ていると
何だか良さそうな物を見つけた。

それが、これ。
タンデムGという商品。
タンデムG.bmp

早速、近場のオートバイ用品店に電話をいれ
在庫の確認をしてみる。
しかし、近場のショップでは何処も在庫切れ。
何件が電話をしていると、車で1時間程の場所にあるショップに在庫がある事を確認した。

翌日、ショップに行き購入。
実物を見てみると、思ったよりガッシリした作りに好印象。
家に帰り、息子と二人でサイズ調整をした。

まだ、実際に使用したわけではないので何とも云えないが
使用感は良さそうだ。

実際に使用した感想は後日
息子と日帰り海までツーリングを終えた時にしたいと思う。






posted by 浮雲 at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ・日帰りツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月27日

太陽の有り難さ

いや〜〜〜久々の更新^^;
夏のファミリーキャンプ以来で、今は12月だから4ヶ月ぶり・・・

当然、夏には”息子と二人のキャンプツーリング”も行った。
同じキャンプ場での2泊だったが、やっぱり息子と二人は楽しい。
先日も、いきなり
「来年のゴールデンウィークに、二人でキャンプ行こう!!」
と言う息子。
何だか嬉しい限りだ。

さて、今年も年末。終わろうとしているわけだが
昨日、三浦半島まで全工程170KM程だが走ってきた。
天気予報とは裏腹に、出かけるときは薄曇り。
走り出せば指先が痛くなり、エンジンに手をあてての走行。
三浦に着く頃に、ようやく太陽が顔を出した。

太陽の日差しは本当に有りがたく、指先のしびれもなくなり
気分まで違ってくる。
気温が10度前後でも、太陽が照り付けてさえいてくれれば
寒さはさほど感じない。

冷たい風の中
太陽の温もりの有り難さを感じながら走った1日だった。





posted by 浮雲 at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ・日帰りツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月23日

異音

”カキン・・・コキン・・・・・コチン”
暖機運転しているハーレーエンジンから聞こえる異音

今日は行きつけのバイクショップの定休日。

聞きなれない嫌な音が気になりながらも
乗る気満々の気分には勝てず、走り出した。

”そのうち消えるだろう”
安易な考えとは裏腹に
エンジンからは”カコン・・・カチン・・・”。
走れば走るだけ、気になってくる。

だからと言って、走りに影響があるわけではない。
音以外には気になる状況があるわけでもなく
リアタイヤはアスファルトを蹴り続ける。

家に帰り着くまで、異音は消えることはなかったが
走りに異常をきたす事もなかった。

次の日、ショップにハーレーを持って行き
原因追求のため、預ける事になった。

あまり、いい感じはしないが
現在、その報告待ちである。




posted by 浮雲 at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ・日帰りツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月18日

ほんのちょっとのタンデムツーリング

オートバイ、乗りたいなぁ・・・」
息子が突然、言い出した。

そういえば、去年の夏のキャンプツーリング以来
息子をオートバイに乗せていない。

「じゃあ、少しだけだけど何処か行くか!!」
そう言うと、息子は嬉しそうに笑った。

長袖と長ズボンを着させ
近くの湖まで、片道1時間ほどのツーリング
いつもの様に、俺と息子をベルトで繋ぎ
渋滞するであろう主要道路を避け
裏道を走った。

信号待ちの度に
「1番前まで出て!!」
と言う息子の注文に答え
すり抜けとドブ板、綱渡りをしながら
目的地へ到着。

湖の駐車場にある売店で
何か買って食おうと思っていたが
腹の足しになるような物がなく
息子はソフトクリームを食べていた。

「腹も減ったし
 帰りがてらコンビニで何か食おうぜ!!」
俺がそう言うと
「えっ!もう帰るの!?
 他の場所へ行こうよ!!」
と言われた。

「今からだと遅くなるから
 今度、朝から出かけて海まで行こう!!」
そう息子をなだめて、家路につく。

途中のコンビニで、おにぎりとウイダーインを買って
コンビニの駐車場に停めたハーレーの横に座り込んで
二人で食べた。
何故か分からないが、息子とこんな風にしている事が
凄く嬉しかった。

”今度は海まで連れて行こう!!”
おにぎりを頬張りながら
日差しに目を細める息子の顔を見ながら
そう思った。




posted by 浮雲 at 16:15| Comment(0) | TrackBack(1) | ・日帰りツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月14日

時折日差しが覗くものの、雲は厚い。
天気予報では、夜から雨らしい。
確かに風は強いが、湿った感じはない。

道志の道の駅で一服して、山中湖方面へ向かう。
峠を越えると空気が変わった。
湿り気を帯びた風・・・
前方の空は、黒い。

山中湖へ出ると、細かい雨。
半キャップとサングラスの顔に、激しく当たる。
ずぶ濡れになるほどの雨ではないが、とにかく寒い。

少しアクセルを煽り
山中湖を抜け御殿場へ向かう。
途中、雨の中で日がさした。
オートバイのタンクに、その日差しが当たり
風に流れる水泡を輝かせた。

御殿場で高速に乗り、足柄で昼飯。
もう雨は降っていないが、相変わらず雲は厚い。

家路を急ぐと、少しずつ天気は回復。
家に着く頃には、汗ばむ程の太陽が顔を覗かす。

汚れちまったハーレーを軽く洗車して
本日の日帰りツーリング終了!!





posted by 浮雲 at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ・日帰りツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月29日

半キャップ

道志道を走る。
少し強めの風だが
気温が高いせいか気持ちが良い。

久々に半キャップを被った。
冬場は寒さに勝てず
ジェット型ヘルメットを被っている。

しかし、この半キャップ
はっきり言って、何の役にも立たない装飾用。
ノーヘルと何ら変わりない。
違反切符を切られないための対策とでも言おうか。

GPZ900R(ニンジャ)に乗っていた頃には
考えもしなかった、この半キャップだが
ハーレーでのんびり走るには、最高に気持ちが良い。

サングラス越しに見る富士山は
雪化粧を施したまま、美しくそびえ立っている。
山中湖周辺まで来ると、少し寒さを感じた。

御殿場のコンビニで
おにぎりとウイダーインの昼食。
高速で帰ろうと思ったが、箱根を抜けることにした。

箱根の温泉街の雰囲気は、何となく好きだ。
歩く人たちは笑顔で
その笑顔に癒される感じがする。

厚木小田原道路。
いつもは高速に乗る際は、ヘルメットを変える。
流石に高速での半キャップはきつい。
しかし、今日はシーシーバーに被せたままのジェット型

のんびり帰ることにする。
春の日差しと、気持ちの良い風に乗って・・・。




posted by 浮雲 at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ・日帰りツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

体感温度

いつものように、横横を走る。
オイルを変えたばかりのVツイン
気持ち良さそうに鼓動を奏でる。

しばらく走ると、2台のBMW。
どうやら、カップルのようだ。
後ろを走るBMWのヘルメットから出た長い髪が
風にたなびいていた。

危なっかしさは微塵も感じない。
乗り慣れているのだろう。

久しぶりに女性ライダーを見て、カッコいいと思った。


朝のTVの天気予報では、今日の気温は10度。
薄曇りの中、わずかな日差しには
暖かさは感じない。
しかし、寒さも感じない。

気温が12,3度あっても寒いと感じる時もあれば
気温が10度をきっても、寒さを感じない時がある。

気温と体感温度の違い。
オートバイなら、なおさらだ。

その時の体調や気分でも違うのだろうが
今日は、とにかく寒くない。
海岸線では、少し暖かいとさえ感じた。

明日は雨か雪だと、TVの中で天気予報士が言っていた。
3月だというのに、雪・・・。
変な感じだ。


もうすぐ桜の季節。
オートバイで走る、桜のトンネル。
そんな光景を思い浮かべながら、車の脇をすり抜けた。




posted by 浮雲 at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ・日帰りツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

ライダースジャケット

先日、捕まって以来の日帰りツーリング。
飽きもせず、同じコースを走る。

寒い時期は、必ずライダースジャケットを着ている。
RSAレザーズRR−93
日に焼けて、色も褪せてきているが
身体に馴染んだお気に入りだ。

しかし
今日はSchottショットライダースジャケット641
普段は街着にしている物だ。
たまにオートバイでも使用するが
ほとんどが街着。

久々のSchottショットライダースジャケット
手首からスースー風が入ってきて寒い。
下に着込んだ長袖を引き出し、吹き込む風から手首を守る。

日本製のライダースジャケットに比べると
作りも荒く、気配りがない。
しかし、キッチリしていない分
ラフに着るには最適だ。

三浦半島から葉山へ、そして江ノ島。
缶コーヒーで一服して、茅ヶ崎。
海に別れを告げて、寒川へ。

もう少し暖かくなったら
またSchottショットライダースジャケット
ツーリングに出ようと思った。




posted by 浮雲 at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ・日帰りツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月15日

ショック!!

今年、初めての日帰りツーリング。

この時期の俺の定番、三浦半島方面。

”いや〜、久々に気持ちいいな〜!!”
なんて、横須賀方面へ横浜横須賀道路
通称、横横を走っていた。

左車線は、そこそこ車が走っているのに
右車線はがら空き。

まあ、これ位なら大丈夫だろうと
調子ぶっこいて120キロくらいで
右車線を走り続けた。

”お〜快適快適・・・ん?
 でも何で皆、左車線なの!?”
と思い、ミラーを見ると・・・

・・・・・・・

いた、いた。
白いクラウン、屋根には赤色燈。

ヤベェ〜〜〜!!!!

即、左車線に戻るも
時すでに遅し・・・。

”ここ、制限速度何キロだっけ?
 あれ?もしかして一発免停?
 逃げちゃおっかなぁ〜・・・。
 でも、昔とは違うし・・・
 ハーレーじゃなぁ〜。。。”
なんて、思っているうちに
覆面に誘導されながら停車。

歩み寄る警察官。

警)「何キロ出してた!?」
私)「えっ?90キロくらい?」(嘘)
警)「120出てたよ!!」
私)「あれれっ?全然気づかなかった!!」(嘘)
警)「それに、右車線を走り過ぎ。分かるよね!!」
私)「はい・・・」(ショボショボ)
警)「通行帯違反、減点1罰金6000円で切符切るから。」

とまあ
こんな感じでスピード違反は免れたが・・・。

長年オートバイに乗って
普段はバックミラーを確認しながらスピード出すのに
今日に限って何で!?

追尾で捕まるなんて、みっともねぇ〜!!
情けねぇ〜の!!


天気も良く、気持ちは良かったけど
1日中、気分の晴れないツーリングだった。。。

posted by 浮雲 at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ・日帰りツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月30日

もうそろそろ

いつも走っている道志道。
山中湖へ抜ける道。

空気は冷たく、風が痛い。

”そろそろだな”
俺は思った。

冬場は道路が凍結して
オートバイで走るには危険だ。

富士山は雪化粧をほどこし
澄んだ空気の中でそびえ立つ。

これからの季節が、1番美しいのだろう。
ここから見ると
とてもゴミだらけの山には思えない。

世界遺産になれなかった
日本一高く、美しい山・・・・。

何故か
いつも感動を与えてくれる山・・・。


ビッグツインの重たい排気音を響かせ
冷たい風を感じながら

春になるまで
もう走る事のないであろう
山の空気を思い切り吸い込んだ。
posted by 浮雲 at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ・日帰りツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月11日

帰ろう!!

11月8日
国道246を厚木方面に向かって走りながら
今日のコースを思案する。

ウインカーを右に左に、車をパスしながら走る。
信号待ちの車の列は、綱渡りで先頭へ。

”横浜町田インターから、高速で御殿場へ
 そして、富士山周辺を走ろう!!”
そう思いついた。

しばらく走ると、交通情報の電光掲示板。
東名高速、厚木方面事故渋滞。

オートバイに、渋滞はあまり関係ないが
それでも、すり抜けには気を使って疲れる。

コース変更。
246で海老名まで、寒川を抜け海岸線へ出る。
途中、右手に見えた雪をかぶる富士山が綺麗だった。

江ノ島で休憩。
缶コーヒーを飲みながらタバコを吸う。

三浦半島まで一気に走り
風力発電のでかいプロペラを右手にやり過ごし
少し先の海岸線にオートバイを停める。

タバコに火をつけ、地べたに腰を下ろす。
アスファルトと太陽が暖かい。

ふと、このままどこかへ行きたいと思う。
息子の顔が浮かぶ。
「帰ろう!!」

俺は、エンジンに火をいれ
家に向かってクラッチをつないだ。

posted by 浮雲 at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ・日帰りツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月01日

秋晴れツーリング

10月31日
最近忙しく、オートバイに乗っていない。
ほんの少しの雲はあるが
今日は、ツーリング日和といっていいだろう。

走り出すと、秋の空気の冷たさを感じる。
それでも、明日で11月だという事を考えると暖かい。

山中湖へ向かう途中の道志道。
やはり山道に入ると寒いくらいだ。

多くのオートバイとすれ違う。
暑い夏よりも、今の時期の方が
皆、気持ち良さそうだ。

山中湖から御殿場へ抜ける道を途中で右折。
サファリパークへの看板が出ている道だ。
自衛隊の基地を両脇に見て
1本に延びる道を走る。
遅い車を何台かパスし、ワインディングヘ。
ホイールベースの長いハーレーでも、そこそこ走れる。

途中の、売店のある駐車場で一服。
見知らぬおじさんに話しかけられる。
おじさんは、原付に乗り山へ行き
どこかに原付を置いては2,3時間のハイキングをするのだそうだ。
健康に良さそう!!
30分ほどで開放される。
その間、しきりに俺のオートバイを
「いいな、いいな」と言っていた。

有料道路に入ってサファリパーク方面へ。
サファリパーク手前の信号を左折。
このあたりの道は気持ちが良い!!

御殿場へ向かう途中の、すすきに囲まれた道。
何も考えず、ただ風を感じる。

御殿場からは高速で帰る。

ほんの5,6時間の、秋の日帰りツーリング。
でも、これだけで気分は変わる。

オートバイに「ありがとう!!」

posted by 浮雲 at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ・日帰りツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

海へ

10月3日
雲の切れ間から、青空が覗く。
夕方には雨が降ると天気予報では言う。
短時間でもいい、とにかく走ろう!!

横浜横須賀道路、通称「横横」。
快適にとばす。
皮ジャンでちょうどいい。風が気持ちいい。

三浦半島では青空が広がる。
今日はとにかく走っていたい。
休憩する時間ももったいない。

三浦半島を回り、海岸線沿いに
逗子、葉山、江ノ島を抜け、茅ヶ崎を通り過ぎる。

ただ走る事だけが目的のツーリング。
通り過ぎる景色の中に、風を感じて・・・。


posted by 浮雲 at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ・日帰りツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

秋の長雨

9月15日
天気予報では、今日は雨が降らないらしい。
このところ、全然オートバイに乗っていない。
秋の長雨のせいだ。
空模様は、ちょっと怪しいが
今日乗らないと、またしばらくは無理そうだ。

カッパをタンデムシートにくくりつけて、オートバイに跨る。
「今日は、河口湖の湖畔にある
道の駅の広い芝生の公園で、昼飯を食おう!!」
これでコースは決まった。

いつものように道志を抜け、山中湖から河口湖へ。
Tシャツの上にMA−1(もどき)を着てきたのだが寒い!!
皮ジャケットを着てくれば良かったと後悔する。

河口湖の道の駅にある自販機で
おにぎりとから揚げのセットを買い、公園の芝生で食う。
自販機の飯なんてと侮るなかれ!!これが、なかなか旨い。
俺は此処に来ると、いつも昼食はこれだ。

タバコを吸いながらボーっとする。
天気予報のとおり、雨は降らなさそうだ。
ただ、太陽は顔を出しそうもなく
思っていたほど気温も上がりそうにない。
走り出したら寒いだろう。
カッパを持ってきて良かった!!
俺はTシャツの上にカッパを着て
その上にMA−1もどきを着て走り出した。

同じ道で帰るのは面白くない。
俺は、都留を抜け甲州街道で帰ることにした。
カッパのおかげで寒くはない。

市街地で渋滞が幾つもあったが、すり抜けでやり過ごし
あとは快適に走る事が出来た。

全行程、200キロ。
長雨の合間のツーリング。久々に楽しかった。


posted by 浮雲 at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ・日帰りツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月12日

晴れのちツーリング

8月10日、晴れ。
久しぶりのツーリングだ。

オートバイを暖気しながら、何処へ行こうか思案する。
タバコ1本で出発。

今日も今日とて「道志」に向かう。
考えるまでもなく、この時期の日帰り定番コース。

道志道に入るまで、いくつかの市街を抜けなければならない。
混んでいると思ったが、予想より少ない。ガマンの範囲。

照りつける太陽も、走り出せば心地いい。

前を走るトラックに追いつく。
荷台からの砂埃、不快だ。
少し距離をとって、見通しのつく場所でいっきにパス。

何台かのオートバイとすれ違う。
皆、気持ちよさそうだ。

道志の道の駅で一服。

山中湖へ向かう。
今日は、いつもよりのんびり走る。ゆったりとした気分だ。

山中湖から御殿場へ。御殿場から箱根を抜ける。

車の数が多いが、後ろについて走る。
ハーレーに乗るようになって
追い抜きや、すり抜けの量が減った。
Kawasakiの900に乗っていた頃は
「早くなければオートバイじゃない」
こんな考えがどこかにあった。
結局、オートバイの乗り方なんて十人十色
人それぞれなのだ。
ハーレーがそれを教えてくれた。

箱根を抜け、高速に乗る。
あとは、家路に向かうだけだ。

いつもと同じツーリング。
俺の日常に組み込まれている事。
夏場は山へ。冬場は海へ。

posted by 浮雲 at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ・日帰りツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月26日

少しだけ遠回りの帰り道

久々の良い天気。 午前だけのツーリング。
午後には仕事がある。

どこへ行こうか!? とりあえず、オートバイを走らせる。

信号待ちでは、ジリジリと照りつける太陽が
Tシャツから出た腕を焦がす。

渋滞した市街地を、ドブ板と綱渡りでスリ抜ける。

いつのまにか
この時期の定番、道志に向かっていた。
しかし、今からでは午後までには帰れない。

いつか言っていた息子の言葉を思い出す。
「今度、幼稚園にオートバイで迎えに来て!!」
俺はコースを変え
宮ヶ瀬を抜け、幼稚園に向かう事にした。
お迎え時間は11:30。 これも微妙な時間だ。

宮ヶ瀬では気持ちの良い風が吹いていた。
何台かのオートバイとすれ違った。

前に1台の車・・・遅い!・・・いっきに抜くか!?
でも気分が乗らない。

数十メートル走ると、ネズミ捕り!!・・・助かった。

気持ちの良い、空いた道。
天気の良い日は、奴らがいる。
法律という職権を振りかざして、ニヤニヤとイラつく笑みを浮かべて。

俺は宮ヶ瀬を抜け、郊外の道をとばした。

郊外から市街地へ。 市街地から16号へ入った。

道は空いている。 この分なら間に合うか!?
息子の笑顔が浮かぶ。

幼稚園到着、ジャスト11:30。
ハーレー独自の排気音。 マフラー変えて、ちょっとうるさめ。
お母さん達が振り返る。
道路の脇にオートバイを停め、幼稚園の敷地に入る。

半キャップにサングラス、どうみても不審者だろう。

すぐに迎えに来ていた妻を見つけた。
息子の名を呼ぶと駆け寄ってきた。
俺のカッコを見て、オートバイに乗れることで
頭がいっぱいのようだ。

ヘルメットを被せ、後ろに乗せる。 楽しそうだ。
2歳から乗せている。
俺の背中にしがみつき、「速い速い」と騒いでる。

「オートバイ、好きか?」
「うん、好き!!」

息子と2人の帰り道。 男同士の帰り道。
少しだけ、遠回りの帰り道。

posted by 浮雲 at 23:49| Comment(1) | TrackBack(0) | ・日帰りツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月11日

オートバイに乗りて〜

車検に出して10間、全然オートバイに乗ってない。
そろそろ、独り どっか行きて〜。
海の潮の香り、山の緑の匂い、
河辺の冷たい空気、イラつくトラックの排気。
何もかもが愛おしい。

1週間〜10日に一度は、必ずオートバイに乗る。
20年近く前からの習慣。体に染み付いてる。
仕事柄、乗れない時もあるが
そんな時いい天気だと、「チクショー」と思う。
今も、それに近い。

不思議なもんで、いつでも乗れる状況だと
まだ我慢できる。
でも、手元に無いと
何でこうも乗りたくなるんだろう。

車検から帰ってきたら
おもいっきり乗ってやろう。
夏の太陽のジリジリとした日差しと
ベトつく湿気の中で・・・。


posted by 浮雲 at 23:40| Comment(5) | TrackBack(0) | ・日帰りツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。