2010年03月23日

江ノ島

三浦半島から、薄曇りの中
海岸線を走り続けた。

やがて雲は切れ、時折太陽が顔を出し
3月の、まだ冷たい風に冷えた身体は
日差しの恩恵を受ける。

やがて見えてくる江ノ島。
昔の彼女を思い出す。

ドライブデートで、砂浜に ”好き” と書いた事。
その浜に車のキーを落とし、二人で必死に探した事。
そして、俺の身勝手で彼女を傷つけ
膝を抱え、海を見ながら泣いていた彼女の涙を
拭ってやれずに別れた事。

江ノ島大橋.JPG 
 そんな浜を横目で見ながら
 江ノ島大橋を渡る。


 橋を渡った、すぐにある
 公園の脇にオートバイを停める。

公園を横切り、海を眺める。

2010年03月03日 江ノ島2.JPG 江ノ島1.JPG

過ぎ去った思い出も、時折 胸をせつなくする。
”今頃、彼女は何をしているだろう・・・”
彼女の年齢を考えてみる。
結婚して、もう成人になろうかという子供がいても
おかしくない年齢。
”幸せでいて欲しい” そう願いながら
オートバイへ戻る。

さて、そろそろ家へ帰ろう
妻と息子の待つ家へ。
いつも俺の我がままを許してくれる妻と
俺を大好きだと言ってくれる、息子の待つ家へ。



ランキング参加中です。
ポチッと宜しくお願いします。
人気blogランキングへ




posted by 浮雲 at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ・日帰りツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

意気地なし

2月も後半。
寒さも和らぎ、気温も高くなってきた。

太陽の光は感じる程度の薄曇。
午後には雲も取れ、晴れるとの天気予報。
海まで、ちょことツーリング

愛車のハーレーは、バッテリーを換え
プラグも新品。
低速でアクセルを戻した時に起こる
アフターファイアーはちょっと気になるが
今の季節は、こんなもんか。

家から1時間半、小さな海岸へ着き
駐車場にオートバイを停めて海岸へ下りる。

海岸には、俺独り。
石を拾い、海へ投げる ”水切り遊び”
子供の頃を思い出す。
石が跳ねたのは、よくて5回程度。
子供の頃も、そんなもんだったのか・・・。

夢中になっていると、視界に人の影。
ふと見ると、7,8メートル離れた所で
女性が独り、俺の真似して ”水切り遊び”。

海岸には二人きり。
声をかけようか、どうしようか・・・。
見て見ぬ振りして ”水切り遊び”。

しばらくすると、女性は海岸を後に・・・
『こんなチャンスに、何で声をかけない!』 と
俺は俺で意気地なし。
だからといっても、俺は
妻子持ちの中年男。
いつまでも、若い気ではいられない。

海岸を後にして、オートバイを走らせる。
独りで歩道を歩く、海岸の彼女を追い抜いて・・・。



ランキング参加中です。
ポチッと宜しくお願いします。
人気blogランキングへ




posted by 浮雲 at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ・日帰りツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月23日

キラキラ

国道16号を、東名町田インターを左にやり過ごし
横横へ向かう。
寒さのせいか、空気が澄んでいるせいか
カーカーマフラーからのハーレーの排気音がでかく感じる。

快晴までとはいかない、雲の浮かぶ空は
時折、太陽を隠す。
日差しは暖かく有り難いが、風は冷たく
日陰に入ると、一気に体感温度は下がる。

保土ヶ谷バイパスに入ると、いきなり渋滞。
”年末だから気をつけないと!” などと何故か思い
慎重なすり抜けに神経をすり減らす。

横横ではスムーズな車の流れ。
アクセルを捻ると、身体を叩く風が
容赦なく体温を奪う。
その上、太陽は雲に隠れ
精神的にも折れてくる。

横須賀SAで休憩していると、日差しが戻る。
”よし!” と、気合を入れなおし出発。
佐原インターで下り、海へと向かう。

日差しを受けた海は眩しく
波がキラキラと輝いている。
2009.12.22 たたら浜の海.jpg  2009.12.22 小さな港の海.jpg
    たたら浜         小さな港

輝く海を横目で見ながら三浦半島を周る。
これからの数ヶ月は、寒さとの付き合い。
でも、そんな季節だから感じるものもある。
夏は暑いし、冬は寒い。
それでも俺はオートバイに乗る。
風を感じて、匂いを感じて・・・。



ランキング参加中です。
ポチッと宜しくお願いします。
人気blogランキングへ




posted by 浮雲 at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ・日帰りツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月17日

独りで納得

Tシャツの上にロンT。
街中を走っているぶんにはちょうどいいが
郊外に出ると、少し寒い。

道志道に入ると、寒さは増し
レザージャケットを着てくれば良かったと後悔。

道志の道の駅でオートバイを停めると
太陽の日差しのお蔭で、寒さは消えた。

道志川.JPG 道志川2.JPG
綺麗に澄んだ道志川は、何となく心が休まる。
川の流れに耳を傾け、青い空を見上げる。

道志川からの山.JPG
 

 風は乾き、雲は高く
 秋の気配を感じるものの
 山の緑は、未だ濃い。


オートバイに跨り、走り出すと
再び寒さがぶり返す。

山中湖を抜け、御殿場方面へ山を下りる。
下りるにつれて寒さも和らぎ、途中を右折。

富士山スカイラインに入り、再び上昇。
空は雲に覆われ、日差しは全くない。
水ヶ塚公園の駐車場へ入る頃には
寒さで身体が震えていた。

駐車場を見渡すと5,6台のオートバイ。
近くのベンチには、その持ち主達。
よく見ると、さっきの道志の道の駅にもいた連中。

暖かい缶コーヒーを買って、飲むが
一向に身体は温まらない。
”これでは堪らん” と
山を下り、御殿場のインターへ。

東名高速に乗り、足柄SAへ入ると
オートバイ置き場には、またあの連中がいた。

”日帰りのツーリングコースなんて
 皆 同じようなもんかぁ”

などど、独りで納得していた。

全工程205km。



ランキング参加中です。
ポチッと宜しくお願いします。
人気blogランキングへ




posted by 浮雲 at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ・日帰りツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月31日

晴れ、場所により時々雨

梅雨も明けたと言うのに、やたらと曇りや雨が多い。
オートバイに乗ろうと思った時には曇りや雨
たまに晴れても、今度はオートバイに乗る時間がない。

『明日の天気は、どうかなぁ〜』 と
天気予報を見ると、曇り時々晴れ。

翌日、目を覚ますと青空が広がっていた。
雲は多いものの、雨の心配はなさそうだ。

久しぶりのハーレーは、待ってました!とばかりに
セル一発で目を覚ます。
走り出せば、風が心地良く身体を撫で
汗を飛ばし冷やしてくれる。

道志から山中湖、山の風は爽やかだ。
御殿場へ向かう途中で右折、富士スカイラインへ。
富士山周辺は霧で覆われ、少し寒い。
それにしても、霧のせいで肌がべた付く。

東名高速を家路に向かい、のんびりと流す。
途中、痛いほどの大粒の雨が
数百メートルにわたり、顔をを叩いたが
一瞬で日差しが戻る。

涼しくて気持ちが良かったり
寒かったり、暑かったり、雨に濡れたり・・・。
1日の短時間で、こんな変化を直に感じるオートバイは
やっぱり楽しい。

全工程210km。



ランキング参加中です。
ポチッと宜しくお願いします。
人気blogランキングへ




posted by 浮雲 at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ・日帰りツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月09日

雨に濡れ

梅雨空は雲に覆われ、強い風はべた付く。
天気予報を見ると、雨の確率・午前30%、午後10%。
オートバイも、そろそろ乗らないと
バッテリーが気にかかる。

窓から空を見上げると、雲の隙間からの日差し。
”これなら、行けるか!” と、ブーツの紐を結ぶ。

ハーレーは、セル一発で目覚める。
いつものように、煙草1本分の暖気。

保土ヶ谷バイパスの流れは順調。
流れに乗って、横横へ入る。

途中、所々でポツポツと弱い雨が降るが
濡れてしまうほどではない。

横須賀SAで休憩していると、弱い日差しが射し
その日差しに誘われるように出発。

佐原で横横を下り、信号を左折。
道なりに真っ直ぐ行き、突き当りを右折で海岸線へ。
海は、低い雲を映すように濃く
強い風で、波は高い。

”これなら、天気はもつかな・・” と
予定のコースを外れて、足を延ばしたのが失敗。
三浦海岸の辺りで、普通に雨が降り出した。

海岸を離れ、三浦縦貫道へ向かう。
降り出した雨にペースが上がるも、信号が疎ましい。
半キャップの頬に当たる雨も痛い。

縦貫道を一気に抜け、横横へ。
登りの横須賀SAで、ジェットヘルに付け替え家路を急ぐ。

”こんな日は、取り締まりもないだろう” と
スピードを上げる。

家に着く頃、雨が上がり始めた。

久しぶりの雨天走行。
合羽を持っていかなかった俺も俺だが
雨に濡れて走るのも悪くないものだ。



ランキング参加中です。
ポチッと宜しくお願いします。
人気blogランキングへ




posted by 浮雲 at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ・日帰りツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

何故か落ち着く西湖

天気は上々、ハーレーの機嫌も良い。
俺は、この時期の定番である道志へ向けて
オートバイを走らせる。

道志の道の駅で休憩し、山中湖へ向けて出発。
オートバイを走らせながら
『そういえば、本栖湖って回ったことないなぁ〜』 と思い
行く事にする。

山中湖・河口湖とやり過ごし本栖湖へ。
湖を回る道へと進路をとる。
道幅も狭く、パッとしない道を進みながら
『本栖湖って、こんなもんか・・・』 と思う。

少し道が開けると、駐車スペースがあり車だらけ。
見上げると富士山がそびえている。
まるほど、ここだけは富士五湖らしい景色。
しかし車の多さにオートバイを停める気にもならず
一目見た富士山で我慢する。

本栖湖を一周し、西湖へ行く事にする。
車も少なく、閑散とした雰囲気。

2009年06月02日_西湖-2.JPG 
 ここの湖岸からの富士山も
 なかなか良い。

 しかし、平日は人が少なく
 何とも落ち着く。


確かに、山中湖や河口湖からみる富士山は見事だ。
しかし、人の多さに ”のんびり” という空気はない。

その点、この西湖。
観光地とはいえ、この人の少なさに
やはり落ち着き、何故か来てしまう
俺のお気に入りなのだ。



ランキング参加中です。
ポチッと宜しくお願いします。
人気blogランキングへ




posted by 浮雲 at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ・日帰りツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月03日

女子2台

バンソンのライダーズのファスナーを半分だけ閉め
身体に風を送り込んでやる。

6月。
青空が広がり、風も穏やかな
今日は、最高のツーリング日和。
愛車のハーレーも、いつもより機嫌が良さそうだ。

それにしても、今日は車が少ない。
おかげで、快適に走る事ができる。

道志道では、遅い車を何台かパスし
自分のペースを守る。

道の駅には、そこそこのオートバイの数。
俺も一服することにする。

オートバイを止めると、赤の900ニンジャが目に入る。
傍らには女の子2人。
もう1台のオートバイは何か分からないが
2台でのツーリングのようだ。

昔、10年以上乗っていた900ニンジャ。
思い出して、懐かしく思う。

缶コーヒーと煙草で休憩し、オートバイへ戻る。
すると、さっきの女子2人が出発。
何故か、後を追うような形になってしまった。

少し走ると、女子の2台に追いついてしまった。
決して早くはないが、遅くはないペース。
しばらく2台目を走る900ニンジャの後ろについて走る。

躊躇なくコーナーをクリアする女子の2台。
流行やファッションではなく
好きでオートバイに乗っているのが分かる。

しばらくすると、900ニンジャが左により
”お先にどうぞ” のサインをくれた。
俺は左手を上げ、右からパス。
当然、前を走るオートバイもバックミラーを確認し
先に行かせてくれるはずだ。

前車の左ウインカーの点滅を確認し、抜きにかかると
何故か、彼女はペースを上げ
オートバイを右に寄せてくる。
『ん?・・・どういうことだ?』

ベッドの上なら、女子に挟まれているのも悪くないが
女子が乗るオートバイに挟まれて走る趣味はない。
『まあいいや!』 俺はオレンジラインを越え
反対車線から、先へ行った。

左のウインカーは消し忘れなのか。
後ろを走る900ニンジャと勘違いしたのか。
『ハーレーになんか!』そう思ったのか。
それは分からないが、こういう事は
何か楽しい。



ランキング参加中です。
ポチッと宜しくお願いします。
人気blogランキングへ




posted by 浮雲 at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ・日帰りツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月19日

今日は絶対、富士山を!

前回のツーリングでは、見る事の出来なかった
水ケ塚公園の富士山。
今日は、すこぶる天気もいいし
絶対に見る事が出来るだろう。

道志の道の駅は、ゴールデンウィーク中ということもあり
駐車しているオートバイで一杯。
そんな中で休憩するのが嫌で、道の駅はスルーする。

山中湖へ出ると、道端に小さな駐車スペースと
100円販売の飲み物の自販機。
富士山を見ながら、缶コーヒーと煙草で
のんびりと独りで休憩。

オートバイを御殿場方面へ向け、途中を右折。
富士山スカイラインを気持ちよく走り
水ケ塚公園へ。

2009年05月01日_水ケ塚公園.JPG 2009年05月01日_水ケ塚公園とハーレー.JPG

前回とは違い、くっきりと青空に映える富士。
ハーレーも入れて撮ってみる。

時折やってくるオートバイは、すぐに行ってしまうが
俺はのんびりと富士山を眺め、その場の空気を楽しんだ。


ランキング参加中です。
ポチッと宜しくお願いします。
人気blogランキングへ




posted by 浮雲 at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ・日帰りツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

桜と富士山

前日の雨によって、空気が洗われ
久しぶりの、綺麗な蒼い空。

じっとしていると汗ばむくらいの気温の中
ジャケットのファスナーを半分だけ閉め
オートバイを走らせる。

山間を抜ける道志道では、標高を上げるにつれ
風が冷たく感じる。
都心では散ってしまった桜も
所々では、まだ綺麗に花をつけている。

道志道の駅より.JPG
 道志の道の駅
 川の向こうにの木。

 桜の種類は分からないが
 綺麗な花を咲かせている。



山中湖では、蒼い空に映える富士山。
もっと近くで見ようと、御殿場へ向かう途中で右折。
富士山スカイラインを走る。

富士山スカイライン.JPG
 
 ”桜のトンネル”
 とまではいかないが
 多くの花を咲かせる桜並木と
 風に舞う花びらの中を走るのは
 とてつもなく気持ち良い。


標高を上げていくと、雲が広がり
いつの間にか、太陽は雲に隠れてしまった。

水ケ塚公園.JPG 晴れた日には
 富士山が綺麗に見える
 水ヶ塚公園からの眺めも
 ご覧の通り。

 雲に隠れて
 富士山の富の字もなく
 麓の森が広がるだけ^^;

近くで見る富士山を諦め、御殿場へ戻る。
上では寒さに震えたが、下は快晴、日差しも強い。

東名に乗り、鮎沢のSAで休憩。

東名鮎沢SAより.JPG
 大きなSAではないが
 何故か俺はココが好き。

 近くに迫る山肌と
 蒼い空のコントラスト。
 何となく、癒される。


オートバイに戻り、エンジンをかける。
もう1度、空を仰ぎ
そっとクラッチを繋いだ。


ランキング参加中です。
ポチッと宜しくお願いします。
人気blogランキングへ




posted by 浮雲 at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ・日帰りツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

道志川

天気予報では ”今日は暖かくなる” と云っていた。
薄雲はあるが空は青く、日差しも感じる。
しかし、風が強く
オートバイを走らせていると、少し寒い。

道志道に入ると、1台のオートバイに追いついた。
日本製ではないが、大きなオートバイでもない。

車の後ろに付き、そのオートバイは
ゆっくりとしたペースで走り続ける。

何故か俺も、そのオートバイの後ろについて走り続け
後ろから来たオートバイに何度か抜かされた。

ゆっくりとしたペースに飽き、俺は脇道にそれる事にした。

川沿いに点在する民家のような別荘のような建物や畑のための道。
道志川に架かる橋の上でオートバイを停めると
水と緑と、お日様の匂いがした。

道志川.jpg

穏やかに流れる川のせせらぎを聞きながら
煙草に火を点け、空を仰ぐ。

静かに佇むオートバイは、優しい日差しを受け
キラキラと輝いていた。


ランキング参加中です。
ポチッと宜しくお願いします。
人気blogランキングへ




posted by 浮雲 at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ・日帰りツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月23日

暖かいから山方面

春らしい陽気になってきた。
天気予報の予想気温は20度。
これなら、河口湖辺りまで行っても
寒さは感じないだろう。

風が少し強く、太陽の日差しを強く感じない。
おそらく黄砂のために、空が霞んでいるせいだろう。

山中湖、河口湖をやり過ごし西湖の富士を見に行く。

西湖と富士.JPG 西湖より.JPG

この場所は、観光地らしからぬ人の少なさで
平日に行くと何となく落ち着く。

しばらくボーっとしての日向ぼっこの後
河口湖方面へ湖畔を走る。

少しペースを上げ、幾つ目かのタイトコーナー。
カーブ手前での急激な減速に、後輪が滑りだした。
ハーレーでは、ペースオーバーだったか!
転倒しないようオートバイをコントロールしているとグリップ回復。
しかしコーナーをクリアするには、まだスピードが高い。
あせったブレーキングで後輪ロック。
”ヤベエ〜”と思いながらも、オートバイを立て
コーナー出口の中央車線ギリギリでストップ。
対向車も後続車もなく助かった。

”何やってんだ!” と自分を戒めながら
ハーレーらしいペースで走る。

河口湖、山中湖と戻り道志道へ。
しばらく走ると、肩が張ってきた。
自販機のある、広めの歩道にオートバイを乗り上げ休む。
何気に視線を移すと、急な階段があった。

道志道にある急階段.jpg
 上には何があるんだろう!?
 興味を持って、登りはじめる。
 
 やっとの思いで登りきると
 そこには神社があった。

 写真を撮ろうと思ったが
 妙なものが写ると嫌なので、写真はやめておく。

階段を下りながら数えると、139段。
日頃の運動不足がたたって、息は上がって
足はパンパン、膝が笑う^^;

オートバイで走り出すと、下半身が変な感じ。
当然、あくる日は筋肉痛で
それが3日続いた。



ランキング参加中です。
ポチッと宜しくお願いします。
人気blogランキングへ




posted by 浮雲 at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ・日帰りツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月12日

熱海港

今日は、オートバイに乗ることに決めていた。

昨日の天気予報では ”晴れ”。
今朝には ”晴れのち曇り” に変わり
空には雲が広がる。

時折見せる太陽の温もりを感じ
オートバイを走らせる。

行き先も決めている。【熱海】だ。
前回も ”熱海へ行こう” と思っていたが
熱海をスルーして、熱川まで行ってしまった。
だから、今回は【熱海】だ。

高速を抜け、海岸線へ出て
旧道を通って熱海へ。

2009年03月11日_真鶴旧道.jpg 2009年03月11日_真鶴旧道からの海.jpg
真鶴の旧道から海を眺める。

旧道で海に視線を向けると、初島が見える。
子供の頃、家族旅行で連れて行ってもらったことがある。

ポッカリと浮かぶ小さな島、初島。
写真を撮ろうと思い、熱海港へ向かう。

港の先まで行こうと、後楽園ホテルを右に通り過ぎ
先端へ向かうと、途中で通行止め。
警備員が立ち、立ち入れないようになっていた。

何時から行けなくなったのだろう。
数年前までは、全く問題なく行けたのに・・・。
二十代の頃は、デートでよく来ていたから
それなりの思い出がある場所だった。
もう、行けるようにはならないのか!?

初島の写真を諦め、昔の彼女を思い出しながら
来た道を引き返した。

熱海港の先端は、雰囲気が好きで
時々、訪れたいと思う場所だった。
しかし、行けなくなってしまったのであるなら
これから、【熱海】に立ち寄ることもなくなるだろう。



ランキング参加中です。
ポチッと宜しくお願いします。
人気blogランキングへ




posted by 浮雲 at 14:36| Comment(1) | TrackBack(0) | ・日帰りツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月19日

足湯

ポッカポカの春らしい陽気も
数日で真冬の寒さに戻った。

午前9時、オートバイを走らせ始めて
数分で寒さのために手がジンジンしてきた。

”今日は熱海辺りまで行ってみるか!”そう思い
進路を東名高速へ向ける。

小田原厚木道路に入り、しばらく走るも
手のシビレが我慢の限界、SAで休憩する。
缶コーヒーに手を当てていると痛みは次第に癒えてくる。
煙草を一本、ゆっくりと吸い出発。

右方向に富士山を見ながら(と言っても
全体を見れるのはごく稀で、ほとんどが頭だけ)
小田原厚木道路を終点まで走る。

海岸線へ出ると、急に車が増えた。
海岸線の有料道路は使わず、旧道を使って熱海へ向かう。
海岸線を走るのも良いが、オートバイでは
やはり、こんな曲がりくねった山道が楽しい。

熱海に着き、赤錆びた【貫一お宮の像】を横目に見ると
何故か、もう少し足を伸ばしてみたくなった。

”熱川まで行くか!”そう思い、進路を変える。
熱川温泉は、閑散とした雰囲気の温泉街だが
無料で開放している”足湯”があり
何故か、俺は好きだ。
そんな”足湯”
冷えた手足を温めようと考えたのだ。

さて、伊豆方面へ進路をとると
いきなりの渋滞。
すり抜けを繰り返し、渋滞をやり過ごすも
しばらく走ると、また渋滞につかまる。
熱川まで、ずっとこんな繰り返しだった。

自宅から、一度の休憩をはさみ
走り続けること3時間チョイ。
ようやく熱川に到着。

 
足湯の脇に、オートバイを停める。


 早速、靴を脱ぎ湯の中へ
 ・・・『熱っ!!』
 冷えた足には強烈だ!

 冷え切った手も暖める。
 やっぱり『熱っ!!』
 
足が暖まってくると、お湯が
それほどの温度ではなかったのが分かる。


 足湯からの
 海の眺めも悪くない。

 この”足湯”には
 足ツボを刺激するための
 通路が設けてある。

その通路を歩き、独り『痛っ!痛っ!!』
と言いながら、ニヤケ顔。何故か、楽しい!!

その後、30分ほど足湯やその周辺を楽しみ
帰路に着く。

全走行距離250km。
時間にして7時間。
ちょっと早足のツーリングだったが
”全てが自分のペース”の独りは、やっぱり良い!


ランキング参加中です。
ポチッと宜しくお願いします。
人気blogランキングへ




posted by 浮雲 at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ・日帰りツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月19日

富士山

走りだして数分で、指の先が痛みだした。

空には雲一つなく、太陽も日差しを与えてくれるが
冬晴れの今日は、やけに寒い。

1時間半ほどで海岸線に出ると
バックミラーには富士山が悠然とそびえる。
空気が澄んでいるせいか、その美しさも格段だ。

何処かにオートバイを停めて、写真でも撮ろうと思うのだが
冷たい空気に、オートバイを停めるタイミングを逃す。
オートバイ乗りなら分かると思うが、寒い時には
オートバイを降りるより、走っていた方が不思議と寒くないのだ。

そんなこんなで、バックミラーに富士山を見ながら
海岸線をひた走る。

江ノ島を抜け、葉山・三浦へと向かう。

時間も昼時になると、寒さも和らぎ
何とか指の痛みも治まってきたので休憩。
こうなると、今度はオートバイを降りると
ぬくぬくとしてくる。

休憩ポイントは長浜海岸。
季節外れの海岸は人も少なく、何となく癒される。

長浜海岸には、無料の駐車場があるのだが
そこから2,30メートルほど
海岸を歩かないと気付かないことがある。

それが、これだ!
2009年01月14日 長浜海岸にて.JPG 


 遠くに富士山が見えるのが
 分かるだろうか?




2009年01月14日 長浜海岸にて2.JPG
 では、少し富士山を大きめに!

 富士山の右にある海岸の丘が
 駐車場付近では邪魔になり
 富士山を隠してしまうのだ。


長浜海岸へ行った際には、海岸を少し歩くといい。
よく晴れた日には、きっと
鮮やかな富士山が向かえてくれるはずだ。


ランキング参加中です。
ポチッと宜しくお願いします。
人気blogランキングへ




posted by 浮雲 at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ・日帰りツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月08日

もう一つのお気に入り

雲一つない青空の広がる12月。
バンソンのレザージャケットに袖を通し
TVの天気予報に見入る。

気温は15度。
日差しがあれば、オートバイで走っても寒さは感じない。

俺はオートバイを三浦半島に向ける。
夏場は、道志やら山中湖・河口湖方面がツーリングコースだが
冬場は、おもに海方面。
約半年振りに行く事になる。

保土ヶ谷バイパスも横浜横須賀道路も空いている。
横須賀のSAで休憩し、三浦半島を回る。

この三浦半島には、好きな場所がある。

2003年01月01日_DSCF1008.JPG 道の感じも好きで
 この先に行くと
 風力発電の風車がある
 公園がある。

 その公園にはトイレもあるが
 俺は、ここにオートバイを停める。

2003年01月01日_DSCF1009.JPG
 
 駐車場などないが
 人が通る事もほとんどないので
 どうどうと歩道に乗り上げて
 停める。


2003年01月01日_DSCF1010.JPG 小さな港から
 その向こうに広がる海。

 日差しが暖かく
 風も穏やか。

 ここでジッとしていると
 時間が止まったように感じる。
2003年01月01日_DSCF1012.JPG
 近くの林には
 この土地に住み着いた猫。

 カメラを取り出そうと
 ウエストバッグに手をやったら
 近づいてきた。

「ごめん^^;食い物は持ってないんだ・・・」と
写真を1枚。

俺のお気に入りの場所。
この冬は、何度この場所に訪れるだろう。



ランキング参加中です。
ポチッと宜しくお願いします。
人気blogランキングへ




posted by 浮雲 at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ・日帰りツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月30日

昼飯食いに・・・

10月も、もう終わろうとしている。
これから、どんどん寒くなっていく。
ツーリングコースの一ツである、山中湖・河口湖方面は
行く機会も減っていくだろう。

下着の上にタイツとロンT2枚。
ジーパンを履き、バンソンのライダース。
天気予報では、東京は晴れのち曇りで気温22度。
河口湖方面だと、途中の気温は15度位か・・・。

家を出て、しばらくは全く寒さは感じなかったが
道志に入るとグローブを着けない手が冷たい。

道志の道の駅で暖かい缶コーヒーを買い
冷えた手を温める。
煙草を吸っていると、次々にオートバイがやってくる。
”本格的に寒くなる前に”と、皆考える事は一緒か!?

太陽の日差しに感謝しながら、河口湖へ向かう。
今日の目的は、昼飯。
このためだけに、オートバイに乗る。

河口湖にある道の駅 【かつやま】。
その前に広がる芝生の公園 【小海公園】。

P1000055.jpg
 道の駅にある自販機の
 『チャーシューのおにぎり&
 からあげ』
 コレが、何故か俺のお気に入り。
 暖かいお茶も自販機で買って
 公園へ向かう。


P1000054.jpg 天気も良く、気持ちいいのか
 あちこちに家族やカップルや
 友達連れ。
 
 俺は適当な場所に腰を下ろし
 昼飯を広げる。
 こういう景色の中で食べる飯は
 何を食っても旨いものだ。

目的である昼飯をゆっくり食べ、太陽の下、しばらくくつろいだ。

”今度ここへ来るのは何時だろう”などと考え
煙草に火をつけ、しばらく景色を眺める。

”湖畔をゆっくり走って景色と風を楽しもう”
俺は、そう思ってオートバイに跨った。



ランキング参加中です。
ポチッと宜しくお願いします。
人気blogランキングへ




posted by 浮雲 at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ・日帰りツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月16日

お気に入りの場所

前日の天気予報は、雨のち晴れ。
午前中いっぱいは、雨が降るとTVでは言っていた。
久しぶりにオートバイに乗ろうと思っていたが
雨では仕方がない。

朝、目覚めると
窓から差し込む太陽の日差し。
空に雲は広がっているが、その隙間から太陽が覗いてた。

TVをつけ、早速 天気予報の確認。
どうやら雨の予報は消え、曇りのち晴れになるらしい。

天気予報は当てにならないが、息子を小学校に送り出し
出かけることにした。

行き先は、西湖。
道志を抜け、山中湖〜河口湖をやり過ごし西湖へ。

P1000051-2.JPG
 駐車場にオートバイを停め
 煙草に火をつける。

 湖畔へ歩いて行くと
 湖水は透き通って綺麗だ。
 雲は多いが
 時折見れる太陽が暖かい。
P1000053-2.JPG
 
 本来ならば、写真の中央に
 富士山が見える。

 富士山を写そうと待ってみたが
 雲が消えそうにないので諦めた。


時計を見ると、12時半。
高速を使わずに、100kmちょっと。
家を9時に出たから、片道3時間。

今から帰ると、夕方までには家に着く。

オートバイに戻り
サングラスとヘルメットを付ける。
エンジンを始動させ
ジャケットのジッパーを半分だけ閉める。

景色までも飲み込むように大きく深呼吸し
俺はクラッチを繋いだ。


ランキング参加中です。
ポチッと宜しくお願いします。
人気blogランキングへ




posted by 浮雲 at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ・日帰りツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

行き先、変更

いつものように、今日は道志方面へ行こうと思っていた。
天気も良いし、山の空気も気持ち良いだろう。

オートバイを走らせていると
ふと
「そういえば奥多摩、最近行ってないなぁ」と思った。
・・・奥多摩かぁ・・・
よし、行き先変更!!

何年ぶりに走るだろう、奥多摩への道。
最後に走ったのは、まだKawasakiに乗っていた頃。
10年以上は経つ。

奥多摩へ近づくと3台のオートバイが後ろについた。
カタナとニンジャとゼファー。いずれも大型だ。
俺は自分のペースを乱さず、快適に走った。
後ろの3台も俺を抜こうともしないし
俺の前に行きたいという素振りも見せない。

しばらく走ると、路面が濡れていた。
俺は水飛沫でオートバイが汚れるのを嫌い
超低速へ減速。
すぐ後ろを走っていたカタナは対応しきれず
俺を抜いて行った。
俺は再び自分のペースに戻し走行。
あとの2台は抜かないのか・・と思っていると
ゼファーが俺をパス。
俺は右手で合図を出し、ニンジャを前に行かせた。
先に行ったカタナを追いかけるように
ゼファーとニンジャはペースを上げる。
はてさて、どんなもんかと俺も後に続く。
よっぽど飛ばすのかと思えば
ハーレーでも着いて行けなくはないペース。
な〜んだ・・・と、ちょっと拍子抜け。
前を走るオートバイを抜くからには
それなりに自信があるからだろう。
だったらもっと、それなりに走ってくれないと困る。
ちょっと突いてやるか・・・などと思っていると
奥多摩湖に到着。3台は、駐車場へ入っていった。

俺は景色を楽しむためにペースを落とした。
少し走ると警察官と事故った軽自動車とおじさん。
軽自動車のフロントは潰れていた。
また、少し走ると猿が道路を渡っていた。
山を見上げると数匹の猿が、こちらの様子を伺っていた。

奥多摩湖を抜け、411号を延々と走る。
休憩処もなく、曲がりくねった道と山と川。
塩山市の小さな町を抜け
勝沼へ抜けるフルーツラインまで走り続けた。

このフルーツラインだが
10数年前には無かったような気がするのだか・・・。
しかし、この道
何がというわけではないが、気持ちが良く
また走りに来たいと思った。

甲州街道へ出て、延々と一般道を家路につく。
途中、コンビニでおにぎりとウイダーインで腹を満たした。

絶好のツーリング日和。
オートバイで走っている限り、革ジャンでちょうど良い。
素敵な1日だった。




ランキング参加中です。
ポチッと宜しくお願いします。
人気blogランキングへ




posted by 浮雲 at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ・日帰りツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月23日

久しぶりの緑の風

今日の行き先は決めている。
まずはオートバイで走る、久々の道志。
曲がりくねったワインディングを気持ちよく走る。

ハーレーの限界は高くない。
長いホイールベースと心もとない21インチのフロント。
それでも、このてのオートバイにしては走ると思う。

日差しは暖かいが、空気は淀んでいない。
標高を上げていくと、眼下に道志川。
緑の匂いに気分が落ち着く。

道志の道の駅で休憩。
暖かい春の日差しに誘われたのか、オートバイが多い。

缶コーヒーと煙草を1本吸って、山中湖へ。
富士山の見える湖畔の駐車場も盛況だ。
裸の富士山には、あまり感じるところはないが
雪化粧を施した富士山は、何とも壮観だ。

山中湖を抜け、河口湖から西湖へ。

西湖へ来たのには理由がある。
今度のゴールデンウィークに選んだ
ファミリーキャンプの場所だからだ。
予約するのが遅れ、何処もいっぱいだったのだが
空いていた場所。
ちょっと心配だったので下見を兼ねて覗きにきた。

湖畔のキャンプ場を幾つかやり過ごすと
そのキャンプ場はあった。
中に入ったわけではないので何とも言えないが
表から見た感じは、ちょっと寂れた感じ。
まあ、これはこれで有りかな・・・と思えるし
実際にテントを張ってみないと分からない。

下見も程々に、帰路につく。
午前9時に出発して、片道3時間半。
今の時期は、昼と夜の気温差が激しいので
暖かいうちに家に着いていたい・・・・
・・・軟弱ライダーである^^;

西湖からは国道へ出て、山中湖へ。
山中湖から道志へと、来た道を引き返す。
”行きと帰りは別の道を走る”のが理想だが
今回は、もう少し緑の風を感じたかった。

全走行距離205km。
そこそこの気だるさと、充実感。
楽しい1日だった。





posted by 浮雲 at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ・日帰りツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。