2008年04月01日

富士山こどもの国オートキャンプ場

2008年3月29日

今年初のファミリーキャンプ。
快晴の元、2泊3日の予定で出発。
天気予報では、明日と明後日の天気は雨マークがある。
とりあえず、天気の事は考えず
4月から小学2年生になる息子の事を考え
遊びには困らないであろう、富士山こどもの国オートキャンプ場へ。

キャンプ場で薪を買うと
だいたい1束500円位と高いので
高速道路を使わず、一般道で行き
途中、道志の民家にて薪を7束買い込む。
道志の民家で売っている薪は1束200円。
キャンプ場に比べると半額以下だ。

御殿場のスーパーで買出しを済ませ
富士山こどもの国へ到着するも
オートキャンプ場が分からない・・・。
トイレ掃除をしていたおばちゃんに聞き
やっとこさ、キャンプ場へ到着。
何とも分かりずらい場所である。
何せ、キャンプ場へ向かう枝道の入り口は
ゴルフ場の入り口にしか見えない。

受付を済ませキャンプ場へ入ると閑古鳥が鳴いていた。
あれれ???
確かネットで予約した時、空き状況は△。
残りわずかのはずだったのだが・・・
・・・予約を入れさせるための罠?

設営を済ませ、家族3人で野球やフリスビーをしていたら
結構いい時間になってしまった。

こどもの国にあるシャワーを浴びに行き
焚き火を起こし、夕食を作る。
今夜は豚汁うどん。
「美味しい美味しい」と息子がおかわりする。
こういう所へくると、息子の成長を強く感じる。
去年のキャンプの時と比べると、明らかに違う。
男らしくなっている。

食事の後、家族3人で話をしながら焚き火を眺め
11時頃には床についた。


3月30日

7時30分起床。
空はどんより曇り、とにかく寒い。
ウインナーとパン、息子はコーンスープ
妻と俺はコーヒーの朝食を済ませ
富士山こどもの国へ行く。

何があるというわけではなく
だだっ広い敷地に、街や水の国、草原の国等に別れ
それぞれの国でそれぞれの遊びをするといった感じ。

草原の国で、初めてディスクゴルフをした。
初心者用に設定した3ホールだけのコース。
息子は楽み「もう一回やろう!!」と
3人でコースを2回まわった。

その後、息子は”くもの巣ネット”で遊び
水の国でカヌーに乗った。
街で変わり自転車に乗り、昼食。

昼食を済ませると・・・雨・・・。
雨が降るとやる事がなく
草原の国へ戻って、室内イベントに参加し
”ぶんぶん蝉”という木工のオモチャを作った。

その後も雨のため、やる事はなく
近くにある、温泉施設に行く。
温泉にゆっくり浸かり、十分に温まった後
施設内にあるレストランで、夕食を済ませてしまう。

キャンプ所へ戻る車中で息子は寝てしまい
そのまま就寝。
妻と俺はタープの下で焚き火をし
10時半ころまで、酒を飲んた。


3月31日

7時40分起床。
テントを叩く雨の音。
雨の中の撤収・・・憂鬱だ。
これまで、雨中の撤収は何度かあるが
天気が悪くても撤収の時には太陽が顔を出し
全てを乾かしてくれた事も何度かある。

朝食を済ませた後、テント内を片付けていると
雨があがり、テントとタープが乾き始め
「これはもしかすると・・・」などと期待していると
30分程で、また冷たい風が吹き雨・雨・雨・・・。
結局、雨の中の撤収となった。

高速道路を使い、2時間半程で家に到着。
雨が嘘のような青空が広がった。

1日か2日ずれていたら
もっと息子も楽しめただろうと思ったが
これも1ツの経験として良しとする。

今回は天気に恵まれなかったが
それはそれで楽しめたと思う。





posted by 浮雲 at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ・ファミリーキャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。