2007年08月20日

夏のファミリーキャンプ

8月14日 晴れ

車に荷物を積み込み、8時30分に出発。
向かうは、ゴールデンウィークにも行った
”朝霧ジャンボリーオートキャンプ場”

渋滞を予想して裏道を使ったが
ところどころではまってしまい、到着は12時30分。
予想よりも時間をくってしまった。

良い場所を探し、早速テント設営。
炎天下の元、時折吹いてくる爽やかな風に癒されながら
のんびりと行う。

設営後、近くの”まかいの牧場”へ行く。
1度入場券を買えば、1ヶ月有効のため
明日も1日、この牧場で遊ぶつもりだ。

まずは、息子のお気に入りの馬達に会いに行く。
にんじんを買い、食べさせる。
馬や牛、大型の動物を触るのに躊躇する人も多いようだが
平気で触る俺を見ている息子は慣れたものだ。

うさぎと触れ合った後、ワラビーに会いに行く。
ゴールデンウィークにはいなかった、子供のワラビーがいた。
実に可愛く、息子も気に入ったようだった。

また明日来ようと
夕方、キャンプ場へ戻る。
野球をしたりフリスビーをしたり、遊んだ後
近くの温泉へ行く。

今回、食事は
朝食でウィンナーを焼くくらいで他には作らず
晩飯は、この温泉で取ろうと決めていた。

風呂にゆっくり入った後、俺は”ざるそば”
妻は”焼きそば”、息子は”カレーライス”を食べた。

キャンプ場への帰り道、途中でコンビにへ寄り
ビール等の酒とつまみ、息子のジュースとお菓子を買った。

8時過ぎにキャンプ場へ戻り
「焚き火しよう」の息子の一言で
寒くはなかったが、念のため買っておいた薪で焚き火をし
満点の星空の元、3人で11時過ぎまで楽しんだ。


8月15日 晴れ

7時30分、起床。
ウィンナーを焼き、パンに挟んで朝食。
少しのんびりした後、”まかいの牧場”へ。

ひととおり動物を見て回った後、牧場を1週するトラクターへ乗り
高台にモンゴル村っぽい施設を見つけた。
トラクターを下りた後、モンゴル村の施設へ行ってみる。
ここは、宿泊もできるらしい。
しばらくのんびりしていると
息子が同じ歳くらいの男の子と仲良く遊びだした。
1,2時間、その男の子と遊んでいただろうか。
俺はその間、近くのハンモックに揺られ目を閉じていた。

帰り際、息子は乗馬を楽しみ
その後、キャンプ場へ戻った。

キャンプ場でキャッチボールやフリスビーで遊んだ後、温泉へ。
ゆっくり風呂に入り、食事を済ませた。

キャンプ場へ戻る途中、霧が出てきた。
次第に霧は濃くなっていったが、気温は下がっていないようで
キャンプ場へ着いても、涼しさは感じなかった。

焚き火をし、酒を飲みながら家族で楽しんでいると
空が光りだした。
雷も鳴り出し、ひっきりなしに空が光る。
雨は降ってこなかったが、落雷が怖いので
焚き火を消し、早めにテントに入った。

テントの中でラジオを聴きながら
家族で楽しみ、11時頃に寝床についた。


8月16日 晴れ

今日は最終日。
朝食を済ませ、のんびりした後
キャンプ場内で遊び、ゆっくりと撤収を始める。

午後1時には撤収も完了し、出発。
空には雲が張り出してきていた。

途中、眠気のため
妻に運転を代わってもらう。
うとうとしていると、車の屋根を叩く激しい雨。
もの凄い勢いで雨が降っていた。
雷と豪雨と渋滞・・・
通り過ぎるコンビニの電気が停電のため消えていた。
少し走ると、信号機の電気まで消え近くの施設のガードマンが
交通整理をしていた。

しばらくすると雨も上がり、3つの虹を見た。

家に着いたのは午後6時半。
今回も天気には恵まれた、夏のファミリーキャンプだった。

<追伸>
今年は暖冬のため、”まかいの牧場”では
大量のブヨが発生しているらしい。
今回、俺は何箇所か刺された。
強い痒みに悩まされたが
刺されたのが息子じゃなくて良かった。





posted by 浮雲 at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ・ファミリーキャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。