2009年06月03日

女子2台

バンソンのライダーズのファスナーを半分だけ閉め
身体に風を送り込んでやる。

6月。
青空が広がり、風も穏やかな
今日は、最高のツーリング日和。
愛車のハーレーも、いつもより機嫌が良さそうだ。

それにしても、今日は車が少ない。
おかげで、快適に走る事ができる。

道志道では、遅い車を何台かパスし
自分のペースを守る。

道の駅には、そこそこのオートバイの数。
俺も一服することにする。

オートバイを止めると、赤の900ニンジャが目に入る。
傍らには女の子2人。
もう1台のオートバイは何か分からないが
2台でのツーリングのようだ。

昔、10年以上乗っていた900ニンジャ。
思い出して、懐かしく思う。

缶コーヒーと煙草で休憩し、オートバイへ戻る。
すると、さっきの女子2人が出発。
何故か、後を追うような形になってしまった。

少し走ると、女子の2台に追いついてしまった。
決して早くはないが、遅くはないペース。
しばらく2台目を走る900ニンジャの後ろについて走る。

躊躇なくコーナーをクリアする女子の2台。
流行やファッションではなく
好きでオートバイに乗っているのが分かる。

しばらくすると、900ニンジャが左により
”お先にどうぞ” のサインをくれた。
俺は左手を上げ、右からパス。
当然、前を走るオートバイもバックミラーを確認し
先に行かせてくれるはずだ。

前車の左ウインカーの点滅を確認し、抜きにかかると
何故か、彼女はペースを上げ
オートバイを右に寄せてくる。
『ん?・・・どういうことだ?』

ベッドの上なら、女子に挟まれているのも悪くないが
女子が乗るオートバイに挟まれて走る趣味はない。
『まあいいや!』 俺はオレンジラインを越え
反対車線から、先へ行った。

左のウインカーは消し忘れなのか。
後ろを走る900ニンジャと勘違いしたのか。
『ハーレーになんか!』そう思ったのか。
それは分からないが、こういう事は
何か楽しい。



ランキング参加中です。
ポチッと宜しくお願いします。
人気blogランキングへ




posted by 浮雲 at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ・日帰りツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。