2009年02月19日

足湯

ポッカポカの春らしい陽気も
数日で真冬の寒さに戻った。

午前9時、オートバイを走らせ始めて
数分で寒さのために手がジンジンしてきた。

”今日は熱海辺りまで行ってみるか!”そう思い
進路を東名高速へ向ける。

小田原厚木道路に入り、しばらく走るも
手のシビレが我慢の限界、SAで休憩する。
缶コーヒーに手を当てていると痛みは次第に癒えてくる。
煙草を一本、ゆっくりと吸い出発。

右方向に富士山を見ながら(と言っても
全体を見れるのはごく稀で、ほとんどが頭だけ)
小田原厚木道路を終点まで走る。

海岸線へ出ると、急に車が増えた。
海岸線の有料道路は使わず、旧道を使って熱海へ向かう。
海岸線を走るのも良いが、オートバイでは
やはり、こんな曲がりくねった山道が楽しい。

熱海に着き、赤錆びた【貫一お宮の像】を横目に見ると
何故か、もう少し足を伸ばしてみたくなった。

”熱川まで行くか!”そう思い、進路を変える。
熱川温泉は、閑散とした雰囲気の温泉街だが
無料で開放している”足湯”があり
何故か、俺は好きだ。
そんな”足湯”
冷えた手足を温めようと考えたのだ。

さて、伊豆方面へ進路をとると
いきなりの渋滞。
すり抜けを繰り返し、渋滞をやり過ごすも
しばらく走ると、また渋滞につかまる。
熱川まで、ずっとこんな繰り返しだった。

自宅から、一度の休憩をはさみ
走り続けること3時間チョイ。
ようやく熱川に到着。

 
足湯の脇に、オートバイを停める。


 早速、靴を脱ぎ湯の中へ
 ・・・『熱っ!!』
 冷えた足には強烈だ!

 冷え切った手も暖める。
 やっぱり『熱っ!!』
 
足が暖まってくると、お湯が
それほどの温度ではなかったのが分かる。


 足湯からの
 海の眺めも悪くない。

 この”足湯”には
 足ツボを刺激するための
 通路が設けてある。

その通路を歩き、独り『痛っ!痛っ!!』
と言いながら、ニヤケ顔。何故か、楽しい!!

その後、30分ほど足湯やその周辺を楽しみ
帰路に着く。

全走行距離250km。
時間にして7時間。
ちょっと早足のツーリングだったが
”全てが自分のペース”の独りは、やっぱり良い!


ランキング参加中です。
ポチッと宜しくお願いします。
人気blogランキングへ




posted by 浮雲 at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ・日帰りツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。