2010年03月23日

江ノ島

三浦半島から、薄曇りの中
海岸線を走り続けた。

やがて雲は切れ、時折太陽が顔を出し
3月の、まだ冷たい風に冷えた身体は
日差しの恩恵を受ける。

やがて見えてくる江ノ島。
昔の彼女を思い出す。

ドライブデートで、砂浜に ”好き” と書いた事。
その浜に車のキーを落とし、二人で必死に探した事。
そして、俺の身勝手で彼女を傷つけ
膝を抱え、海を見ながら泣いていた彼女の涙を
拭ってやれずに別れた事。

江ノ島大橋.JPG 
 そんな浜を横目で見ながら
 江ノ島大橋を渡る。


 橋を渡った、すぐにある
 公園の脇にオートバイを停める。

公園を横切り、海を眺める。

2010年03月03日 江ノ島2.JPG 江ノ島1.JPG

過ぎ去った思い出も、時折 胸をせつなくする。
”今頃、彼女は何をしているだろう・・・”
彼女の年齢を考えてみる。
結婚して、もう成人になろうかという子供がいても
おかしくない年齢。
”幸せでいて欲しい” そう願いながら
オートバイへ戻る。

さて、そろそろ家へ帰ろう
妻と息子の待つ家へ。
いつも俺の我がままを許してくれる妻と
俺を大好きだと言ってくれる、息子の待つ家へ。



ランキング参加中です。
ポチッと宜しくお願いします。
人気blogランキングへ




posted by 浮雲 at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ・日帰りツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

意気地なし

2月も後半。
寒さも和らぎ、気温も高くなってきた。

太陽の光は感じる程度の薄曇。
午後には雲も取れ、晴れるとの天気予報。
海まで、ちょことツーリング

愛車のハーレーは、バッテリーを換え
プラグも新品。
低速でアクセルを戻した時に起こる
アフターファイアーはちょっと気になるが
今の季節は、こんなもんか。

家から1時間半、小さな海岸へ着き
駐車場にオートバイを停めて海岸へ下りる。

海岸には、俺独り。
石を拾い、海へ投げる ”水切り遊び”
子供の頃を思い出す。
石が跳ねたのは、よくて5回程度。
子供の頃も、そんなもんだったのか・・・。

夢中になっていると、視界に人の影。
ふと見ると、7,8メートル離れた所で
女性が独り、俺の真似して ”水切り遊び”。

海岸には二人きり。
声をかけようか、どうしようか・・・。
見て見ぬ振りして ”水切り遊び”。

しばらくすると、女性は海岸を後に・・・
『こんなチャンスに、何で声をかけない!』 と
俺は俺で意気地なし。
だからといっても、俺は
妻子持ちの中年男。
いつまでも、若い気ではいられない。

海岸を後にして、オートバイを走らせる。
独りで歩道を歩く、海岸の彼女を追い抜いて・・・。



ランキング参加中です。
ポチッと宜しくお願いします。
人気blogランキングへ




posted by 浮雲 at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ・日帰りツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月23日

キラキラ

国道16号を、東名町田インターを左にやり過ごし
横横へ向かう。
寒さのせいか、空気が澄んでいるせいか
カーカーマフラーからのハーレーの排気音がでかく感じる。

快晴までとはいかない、雲の浮かぶ空は
時折、太陽を隠す。
日差しは暖かく有り難いが、風は冷たく
日陰に入ると、一気に体感温度は下がる。

保土ヶ谷バイパスに入ると、いきなり渋滞。
”年末だから気をつけないと!” などと何故か思い
慎重なすり抜けに神経をすり減らす。

横横ではスムーズな車の流れ。
アクセルを捻ると、身体を叩く風が
容赦なく体温を奪う。
その上、太陽は雲に隠れ
精神的にも折れてくる。

横須賀SAで休憩していると、日差しが戻る。
”よし!” と、気合を入れなおし出発。
佐原インターで下り、海へと向かう。

日差しを受けた海は眩しく
波がキラキラと輝いている。
2009.12.22 たたら浜の海.jpg  2009.12.22 小さな港の海.jpg
    たたら浜         小さな港

輝く海を横目で見ながら三浦半島を周る。
これからの数ヶ月は、寒さとの付き合い。
でも、そんな季節だから感じるものもある。
夏は暑いし、冬は寒い。
それでも俺はオートバイに乗る。
風を感じて、匂いを感じて・・・。



ランキング参加中です。
ポチッと宜しくお願いします。
人気blogランキングへ




posted by 浮雲 at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ・日帰りツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月09日

お経

もう10年以上前の話だ。
友人と二人、行き先は決めずに走る
キャンプツーリングへ行った時の事だ。

季節は10月。
ツーリングの何日目だかは忘れたが
寝床を探し、やっと見つけたキャンプ場
受付で聞くと、何と一泊3000円。
『高すぎる!』 と、友人と話し
別の場所を探す事にした。

山道へ入り、迷うように走っているうちに
地図を見ても、何処にいるのか分からない状態になった。

大きな道を見つけ走っていると
今度は、見覚えのある風景。
1時間〜2時間かけて山を回り
同じキャンプ場のある場所へ戻ってしまったのだ。

『仕方が無い!時間も遅いし、高い金払うか!』 と
友人と、そのキャンプ場にテントを張る事にした。

夕食を済ませ、焚き火にあたりながら酒を飲み
男同士の、くだらない話が盛り上がっていると
『キャ〜〜〜』 と、女の悲鳴に聞こえる鹿の鳴き声。
昼と夜の温度差で、木が ”パキッ!パキッ!” と鳴る。
キャンプも慣れてくると、多少の物音には動じない。

『シッ!』
人差し指を立て、口元に当てて
俺は友人に向けた。
耳を澄ますと、遠くから微かに何かが聞こえる。
”ポクッ!ポクッ!ポクッ!ポクッ!・・・”
木魚?・・・
そして、節のある男の声。
お経?・・・
テントサイトには二人だけ。
俺達は、全ての動きが止まり
ただ、音と声のする方向を見つめた。

森の奥、小さな光の点。
その点が、木魚とお経と共に近づいてくる。
視線を外せない。
少しずつ、少しずつ、確実に近づいてくる。

『こっちに来るぞ!』 声は出ない。
もうすぐそこに、何かがいる!
森の中、木を2・3本隔てて
こっちを見ている。
耳元で聞こえるような木魚とお経。
俺達と何かとの睨み合い。
”負けたら駄目だ!” 何となく感じる意思。

やがて、少しずつ遠ざかっていく光と音。
どの位の時間だろう・・・。
光と音が完全に消えるまで
友人と二人、ただじっとそれを見ていた。



ランキング参加中です。
ポチッと宜しくお願いします。
人気blogランキングへ




2009年09月17日

独りで納得

Tシャツの上にロンT。
街中を走っているぶんにはちょうどいいが
郊外に出ると、少し寒い。

道志道に入ると、寒さは増し
レザージャケットを着てくれば良かったと後悔。

道志の道の駅でオートバイを停めると
太陽の日差しのお蔭で、寒さは消えた。

道志川.JPG 道志川2.JPG
綺麗に澄んだ道志川は、何となく心が休まる。
川の流れに耳を傾け、青い空を見上げる。

道志川からの山.JPG
 

 風は乾き、雲は高く
 秋の気配を感じるものの
 山の緑は、未だ濃い。


オートバイに跨り、走り出すと
再び寒さがぶり返す。

山中湖を抜け、御殿場方面へ山を下りる。
下りるにつれて寒さも和らぎ、途中を右折。

富士山スカイラインに入り、再び上昇。
空は雲に覆われ、日差しは全くない。
水ヶ塚公園の駐車場へ入る頃には
寒さで身体が震えていた。

駐車場を見渡すと5,6台のオートバイ。
近くのベンチには、その持ち主達。
よく見ると、さっきの道志の道の駅にもいた連中。

暖かい缶コーヒーを買って、飲むが
一向に身体は温まらない。
”これでは堪らん” と
山を下り、御殿場のインターへ。

東名高速に乗り、足柄SAへ入ると
オートバイ置き場には、またあの連中がいた。

”日帰りのツーリングコースなんて
 皆 同じようなもんかぁ”

などど、独りで納得していた。

全工程205km。



ランキング参加中です。
ポチッと宜しくお願いします。
人気blogランキングへ




posted by 浮雲 at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ・日帰りツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月17日

夏のファミリーキャンプ 2009

8月13日 晴れ

毎年、恒例となったファミリーキャンプ
場所も、我が家では御馴染みの
”朝霧ジャンボリーオートキャンプ場”

道具を車に詰め込み、8時半に家を出発。
渋滞を予想して裏道を使い
予定通り、12時半頃にキャンプ場へ到着した。

場所を求めて、キャンプ場内を車で探すが
今年は、いつもより混んでるようで
なかなか良い場所が見つからない。

ようやく見つけた場所は、少し斜めだが
周りからは仕切られた、プライベートな感じ。
『ここで良いか!・・・』 と、設営を開始する。

夏だと言うのに、夏らしい天気の少ない今年の夏。
しかし、今日はピーカンだ。
炎天下の中、設営が完了する頃には汗だく。
ドッと疲れてしまった。

しばらく休んだ後、最近 野球部に入った
9歳の息子とキャッチボール。
今年のキャンプは、野球漬けの予定だ。

夕方、買い物のため市街地へ行き
帰りは、途中にある温泉へ寄る。

温泉で汗を流し、休憩場で夕食を済ませてしまう。
キャンプ場では、面倒な夕食は作らず
のんびりと、焚き火と酒と会話を楽しむ
のが
最近の我が家の決まりだ。

キャンプ場へ戻ると、早速の焚き火
夜空に広がる星を眺め、俺はビール
妻は缶のカクテル、息子はジュースを片手に
楽しく会話をして過ごした。


8月14日 曇りのち雨

時折、雲の隙間から青空が顔を出すものの
天気が良いとは言えない。

ウィンナーとパンの朝食を済ませた後
キャンプ場内にある広場へ行く。
キャッチボールとノック・素振りと、野球の練習
ノックの際の球拾いは妻の役目。

少し厳しめの練習を終えると
『午後もやるんだよねぇ・・・』 と息子。
『そうだよ!』 と答えると
息子は 『はぁ〜』 と、ため息。

テントへ戻り、タープの下で休んでいると
雨が降り出した。

しばらく振る続く雨に
『これじゃあ、練習できないなぁ・・・』 と言うと
『それなら、まかいの牧場へ行きたい!』 と
息子が言い出す。
ここのキャンプ場へ来た時は
毎回といっていいほど訪れる ”まかいの牧場”
俺も妻も、ちょっと飽きている。

結局は、まかいの牧場へ行ったのだが
その間、雨は上がった状態。
夕方、キャンプ場へ戻る車中で
『戻ったら、野球の練習な!』 と言ったものの
テントへ戻ると、どしゃ降りの雨^^;
やることもなく、早めの買出しと温泉へ出かけた。

夜は、雨の中 タープの下で焚き火をし
まったりと過ごした。


8月15日 曇りのち晴れ

最終日、雨は降っていないが
空は、どんよりと曇っている。

朝食を済ませ、昨日の雨で濡れた
テントが乾いた頃に、撤収を始める。

曇り空と、涼しい風のおかげで
快適に撤収が進む。

テントやタープを畳む時
いつもは、妻と二人で行うのだが
今回は、息子を使ってみる。

息子に指示を出すと、それを確実に行い
妻とやるよりも、早く綺麗に畳む事ができ
”確実に大人になっている” と、息子に感じた。

全ての撤収を終え、広々としたサイトで
キャンプ最後のキャッチボール。
”野球漬け” とはいかなかったが
最後は、キャッチボールで
ほんのりと汗をかいて締めくくった。





posted by 浮雲 at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ・ファミリーキャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月31日

晴れ、場所により時々雨

梅雨も明けたと言うのに、やたらと曇りや雨が多い。
オートバイに乗ろうと思った時には曇りや雨
たまに晴れても、今度はオートバイに乗る時間がない。

『明日の天気は、どうかなぁ〜』 と
天気予報を見ると、曇り時々晴れ。

翌日、目を覚ますと青空が広がっていた。
雲は多いものの、雨の心配はなさそうだ。

久しぶりのハーレーは、待ってました!とばかりに
セル一発で目を覚ます。
走り出せば、風が心地良く身体を撫で
汗を飛ばし冷やしてくれる。

道志から山中湖、山の風は爽やかだ。
御殿場へ向かう途中で右折、富士スカイラインへ。
富士山周辺は霧で覆われ、少し寒い。
それにしても、霧のせいで肌がべた付く。

東名高速を家路に向かい、のんびりと流す。
途中、痛いほどの大粒の雨が
数百メートルにわたり、顔をを叩いたが
一瞬で日差しが戻る。

涼しくて気持ちが良かったり
寒かったり、暑かったり、雨に濡れたり・・・。
1日の短時間で、こんな変化を直に感じるオートバイは
やっぱり楽しい。

全工程210km。



ランキング参加中です。
ポチッと宜しくお願いします。
人気blogランキングへ




posted by 浮雲 at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ・日帰りツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月09日

雨に濡れ

梅雨空は雲に覆われ、強い風はべた付く。
天気予報を見ると、雨の確率・午前30%、午後10%。
オートバイも、そろそろ乗らないと
バッテリーが気にかかる。

窓から空を見上げると、雲の隙間からの日差し。
”これなら、行けるか!” と、ブーツの紐を結ぶ。

ハーレーは、セル一発で目覚める。
いつものように、煙草1本分の暖気。

保土ヶ谷バイパスの流れは順調。
流れに乗って、横横へ入る。

途中、所々でポツポツと弱い雨が降るが
濡れてしまうほどではない。

横須賀SAで休憩していると、弱い日差しが射し
その日差しに誘われるように出発。

佐原で横横を下り、信号を左折。
道なりに真っ直ぐ行き、突き当りを右折で海岸線へ。
海は、低い雲を映すように濃く
強い風で、波は高い。

”これなら、天気はもつかな・・” と
予定のコースを外れて、足を延ばしたのが失敗。
三浦海岸の辺りで、普通に雨が降り出した。

海岸を離れ、三浦縦貫道へ向かう。
降り出した雨にペースが上がるも、信号が疎ましい。
半キャップの頬に当たる雨も痛い。

縦貫道を一気に抜け、横横へ。
登りの横須賀SAで、ジェットヘルに付け替え家路を急ぐ。

”こんな日は、取り締まりもないだろう” と
スピードを上げる。

家に着く頃、雨が上がり始めた。

久しぶりの雨天走行。
合羽を持っていかなかった俺も俺だが
雨に濡れて走るのも悪くないものだ。



ランキング参加中です。
ポチッと宜しくお願いします。
人気blogランキングへ




posted by 浮雲 at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ・日帰りツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

何故か落ち着く西湖

天気は上々、ハーレーの機嫌も良い。
俺は、この時期の定番である道志へ向けて
オートバイを走らせる。

道志の道の駅で休憩し、山中湖へ向けて出発。
オートバイを走らせながら
『そういえば、本栖湖って回ったことないなぁ〜』 と思い
行く事にする。

山中湖・河口湖とやり過ごし本栖湖へ。
湖を回る道へと進路をとる。
道幅も狭く、パッとしない道を進みながら
『本栖湖って、こんなもんか・・・』 と思う。

少し道が開けると、駐車スペースがあり車だらけ。
見上げると富士山がそびえている。
まるほど、ここだけは富士五湖らしい景色。
しかし車の多さにオートバイを停める気にもならず
一目見た富士山で我慢する。

本栖湖を一周し、西湖へ行く事にする。
車も少なく、閑散とした雰囲気。

2009年06月02日_西湖-2.JPG 
 ここの湖岸からの富士山も
 なかなか良い。

 しかし、平日は人が少なく
 何とも落ち着く。


確かに、山中湖や河口湖からみる富士山は見事だ。
しかし、人の多さに ”のんびり” という空気はない。

その点、この西湖。
観光地とはいえ、この人の少なさに
やはり落ち着き、何故か来てしまう
俺のお気に入りなのだ。



ランキング参加中です。
ポチッと宜しくお願いします。
人気blogランキングへ




posted by 浮雲 at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ・日帰りツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月03日

女子2台

バンソンのライダーズのファスナーを半分だけ閉め
身体に風を送り込んでやる。

6月。
青空が広がり、風も穏やかな
今日は、最高のツーリング日和。
愛車のハーレーも、いつもより機嫌が良さそうだ。

それにしても、今日は車が少ない。
おかげで、快適に走る事ができる。

道志道では、遅い車を何台かパスし
自分のペースを守る。

道の駅には、そこそこのオートバイの数。
俺も一服することにする。

オートバイを止めると、赤の900ニンジャが目に入る。
傍らには女の子2人。
もう1台のオートバイは何か分からないが
2台でのツーリングのようだ。

昔、10年以上乗っていた900ニンジャ。
思い出して、懐かしく思う。

缶コーヒーと煙草で休憩し、オートバイへ戻る。
すると、さっきの女子2人が出発。
何故か、後を追うような形になってしまった。

少し走ると、女子の2台に追いついてしまった。
決して早くはないが、遅くはないペース。
しばらく2台目を走る900ニンジャの後ろについて走る。

躊躇なくコーナーをクリアする女子の2台。
流行やファッションではなく
好きでオートバイに乗っているのが分かる。

しばらくすると、900ニンジャが左により
”お先にどうぞ” のサインをくれた。
俺は左手を上げ、右からパス。
当然、前を走るオートバイもバックミラーを確認し
先に行かせてくれるはずだ。

前車の左ウインカーの点滅を確認し、抜きにかかると
何故か、彼女はペースを上げ
オートバイを右に寄せてくる。
『ん?・・・どういうことだ?』

ベッドの上なら、女子に挟まれているのも悪くないが
女子が乗るオートバイに挟まれて走る趣味はない。
『まあいいや!』 俺はオレンジラインを越え
反対車線から、先へ行った。

左のウインカーは消し忘れなのか。
後ろを走る900ニンジャと勘違いしたのか。
『ハーレーになんか!』そう思ったのか。
それは分からないが、こういう事は
何か楽しい。



ランキング参加中です。
ポチッと宜しくお願いします。
人気blogランキングへ




posted by 浮雲 at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ・日帰りツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。